FC2ブログ

落ち込みからの復活

05-04,2019

一昨日の生ジョナサン体験以来
1日1回はジョナサンを聴き、
そして自分とのあまりの差の大きさに激しく落ち込み
そっとCDを止めると云う事を何度となく繰り返しております。
で、今日は久々にこれ。

20190504075414ade.jpeg

Jonathan Kreisberg / The South Of Everywhere (2007年録音)

Jonathan Kreisberg (g)
Matt Penman (b)
Mark Feber (ds)
Gary Versace (p)
Will Vinson (as)

当然これにもサイン貰ったよ!

20190504075415152.jpeg

これはライブでも演奏した7拍子のど変態ステラ収録のアルバム。
こっちはご覧の通りクインテット演奏なのでより激しく凄い。
テンポも速い。
これね、
じっくり数えながら聴くとリズム崩れてくんの。
でも全く破綻しない。
全員のベクトルはピタリと同じで全くズレないのだ。
これ。
これが凄いんだよなぁ…
何で?
とにかく言えるのは周りの音をしっかりと聴いてんだろうな。
だからピタリを合う。
わしも聴こう聴こうとは思っとるが
実際はそこまで聴いてないんだろうな。
7拍子とかだと特に自分の事だけで精一杯。
と、ここで気が付いた!
こんな感じで自分とジョナサンを比べながら聴いてるから
落ち込んだり嫌んなったりするんだ!
あんなワールドクラスのスーパーギタリストと同じ土俵に
フンドシも締めずサクッと全裸で上がってたんだわし!(なんか違う?)
これってよく考えると近所のおっさん連中と草野球演ってる中年が
160キロ投げるメジャーリーガーの球空振りするのと同じなのだ。
だから当たり前。
落ち込む必要無し。
と思いながら聴くとこれまで通り楽しめる。
と云う訳で上記ステラ以外では#1、2、6、7
もう1曲のスタンダード“The Best Thing For You”が特に気に入っとります!
(これのみトリオ。結局ほぼ全部です)
最高!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK