FC2ブログ

悩んだ末

06-17,2019

こないだちょこっと名前出したんで今日はコレ!
奇才デビッド・フュージンスキー率いる
スクリーミング・ヘッドレス・トーソズのファーストだ。

2019061710005788a.jpeg

Screaming Headress Torsos (1995)

Dean (VOX populi)
David”fuse”Fiuczynski (g)
Jojo Mayer (ds)
Daniel Sadownick (per)
Fina Ephron (b)

これリリースされた頃これいっつも
車の中で鼓膜が振動する程の大音量で聴いてたなぁ…
ちなみにその頃乗ってた車は初代ユーノス・ロードスター。
それのシルバー。
CDが1枚しか入んないオーディオでねぇ…
だからCDをケースから出して、
ファスナー付きの携帯カバーに10枚くらい入れて持ち歩いてたら
いっつも中身とケースがむちゃくちゃになってねぇ…
コルトレーンのケースにこのトーソズが入ってて、
そのトーソズのケースにはEW&Fが入ってる。
でもコルトレーンの中身はEW&Fのケースの中には無い…
みたいな?
ハァー懐かしい…

しかしそれこそこいつの中身を聴いた事の無い人にどう説明すればいいか。
ジャズ、パンク、メタル、ソウル、ファンク、ラップetc…
ありとあらゆる音楽を長時間煮詰めまくり
グッチャグチャに混ぜ合わせた上
更に小一時間たっぷりと煮込んだ脂ギッシュ
ギトギトドロドロ濃厚スープって感じだろうか?
違う?
マイルスの”Blue In Greenなんか歌詞付いてレゲエ風に歌いながら
途中からヘビメタシャウト系になっとるし、
これ程カテゴライズするのが困難な音楽ってそうは無い。
これまでで1番悩んだ。
最終的にここではとりあえずジャズのグループとしとるが
まぁ〜とにかく肉食系音楽、
わしら農耕民族では到底太刀打ち出来ない超力技系ミュージックと云う事だけは言える。
但し!
決して筋肉バカ的音楽にはならず
しっかりインテリジェンスも感じられる所が此奴等のニクイ所なのだな。
しかも“ギター大好き!的”聴き方しても
フュージンスキーの例の「超ど変態ギター」を
これでもかっチューくらいたっぷりと堪能出来るトコもGOOD!
流石に今日は昔程の大音量では聴かんかったが、
それでも十分に面白く新鮮且つカッコいいのだ。
脳みそトリップ系超快感常習性麻薬音楽。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレね。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。


COMMENT

フュージンスキーのソロアルバム(その名もJAZZ PUNK)も個性的で当時まだ若輩な私には笑えました。
チックのLa FiestaやメセニーのBright Size Lifeをあのノリでやってるという。
今聴くとやっぱりすごい…。
2019/06/17(月) 13:50:57 |URL|M #- [EDIT]
Mさんもフュージンスキーお好きですか!
結構な変態ですねぇ!
ジャズパンクもカッコいいですよね。
これから久々に聴いてみます。
2019/06/17(月) 14:54:15 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK