FC2ブログ

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」観に行った

08-31,2019

公開初日に!
場所は自宅最寄のいつものシネコン。
いつのようにツレと共に。



タランティーノの作品は無条件で観に行く事にしてるので
予告編観ただけで何の予備知識も無しに行ったんじゃが、
やってくれたよ。タランティーノ。

3時間弱の長い映画だが序盤
特になんも起こらず話は進む。
偶然にもその日の昼間、録画してた「荒野の七人」観てたんで
「微妙に違うんだけど何故か似てる」と云う
スティーブ・マックィーンでウケてたら(他にもソックリさん多数出演!)
気付くと1時間経過。
それでも何も起こらない。
そして何も起こらないまま1時間半経過。
ヒッピーの牧場シーン。
「やっと何か起こりそうだ!」と思ったんだがやっぱ何も起こらない。
そしてそしてやっとこさのラスト15分。
怒涛の展開。

ブラピにディカプリオと云う2大スター、
どころか、
チョイ役でアル・パチーノまで出しておきながらコレ。
ラスト15分で観客ひっくり返したかったからか、
それともただ単に自分の趣味
(60〜70年代のアメリカのテレビや映画のオマージュ)
だけじゃ客が納得しないだろうから、
「こんなん観たいんじゃろ?」的なサービスか?
それはどうかしらん。
知らんがわしゃ〜笑った。
莫大な時間とお金かけて「何やっとんのか?」と思いつつ笑う。
そんな映画じゃなかろうか。
わしは大好き。
だけど怒る人いそう。


追記

一晩経ってこの映画についてネットで色々と調べると
「あぁー!!!なるほどっ!!!」となり更に面白いのだ。
一緒に観たツレとも「アレはこうだああだ」と話してる。
早くももう一回観たいぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます

COMMENT

ガーシャさん,こんばんは。

本作は実に素晴らしいというか,映画好きにとってはたまらない寓話の世界だったと思います。何をTarantinoに期待するかによって,評価は分かれると思いますが,純粋に映画,そしてあの時代に対する思いが凝縮された映画でした。極論すれば,私はこの映画をけなす人とは絶対友人になれません(笑)。

ココログはTBが廃止になってしまいましたので,代わりに私の記事のURLを貼り付けさせて頂きます。
http://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2019/09/post-1b146a.html
2019/09/08(日) 23:26:28 |URL|中年音楽狂 #uMKEDMHo [EDIT]
面白かったですね!
スラング含め英語が完璧に理解出来たら尚面白いんでしょうねぇ。
2019/09/09(月) 02:34:41 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK