FC2ブログ

言っておきたい

10-17,2019

ジミー・コブ爺さんの新譜は当然ピーター・バーンスタイン参加。
よって当然購入。
ちなみに前作はコレ。

201910171426192c3.jpeg

Jimmy Cobb / This I Dig Of You (2019年録音)

Peter Bernstein (g)
Harold Mabern (p)
John Webber (b)
Jimmy Cobb (ds)

収録曲は全10曲。
前作同様2曲のオリジナル(ピーターちゃん&メイバーン作)以外は
有名スタンダードとバップチューン(モブレーやデクスター、ウエス等)
メンバー編成からして当たり前かもしれんが、
全曲テーマもギターがメインで担当してるし
もう殆ど「ピーターちゃんのリーダーアルバム!」
と言って差し支え無いアルバムだ。
よって
「たっぷりとピーターちゃんの王道プレイを楽しめる」
「あぁ〜良かった良かった!」だけで終わってもいいのだが、
わしはここで一言言っておきたい。
確かにピーターちゃんのプレイは一聴すれ「王道」とも「オーソドックス」
とも形容出来るプレイだ。
しかもこのアルバムの様に大ベテランのバッパーとの共演も多いし、
普段演奏してるのもこんな選曲が多い。
更にどデカいフルアコをアンプ直と云う激渋サウンド。
本人のルックス(顔及び服装等)自体も非常に地味。
よってギターにさして詳しく無い普通のジャズファンがそう思うのも無理はない。
しかぁーし!
実はピーターちゃんトンがってるのだ!(服装ではなくプレイね)
あの独特過ぎる程オリジナリティ溢れるフレージングにタイム感。
歴代のレジェンドギタリストが決して弾かない様なフレーズは
王道とかオーソドックスと云う言葉で簡単に説明して欲しくない!
でもまぁ〜…
かと言って他にどう言って表現すればいいのかと言われても思いつかんが、
とにかくそう云うニュアンスだけはチョコっとで良いから気にしといて貰いたい。
お願いします。
終わり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。カッコいいよ。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK