未知の強豪

07-18,2013

よっしゃ!
今日は新譜の紹介しようかい!



あのぉ、今のダジャレだったんだけど、気付いた?
紹介と、しようかってのを、かけてんだけど。
気付いた?

さ、ページを閉じられそうなんで急いで始めます。
はい、このアルバム。
Jussi Lehtonen / this time

130718-0.jpg

メンバーは、Jesse van Ruller(g) Joonatan Rautio(ts)
Mikko Heleva(org) Jussi Lehtonen(ds)のカルテット。
じーっくり見るとぉ、
じぇじぇじぇ!ジェシちゃん入ってるでねぇが!
おらのすんぎな(好きな)じぇじぇじぇのじぇしちゃんがぁ!(ゲゲゲの鬼太郎風に)
ってか、ホントは知ってて、ジェシちゃん目当てで購入したんだけど…
すみません。「じぇじぇじぇ!」って言いたかっただけです。

話戻します。
でこの、Jussi Lehtonenって人。
わしにとって、フィンランド人らしいぞってこと以外全く正体不明。
まるで昭和プロレスの謎の外人レスラー的なドラマーなんである。
ってか、実は、ジェシちゃん以外の3人全てが、謎の外人レスラー的な人達なんである!
週刊ファイト(プロレス専門タブロイド紙)風に云うと、
「次回闘魂シリーズに謎の強豪ジャズメン大量参戦!」って感じなんである!
(読んでる方、ここで「じぇじぇじぇ!」って言って驚いて下さい)
更に云うと、この人達の名前の読み方すら、よく分からんのである!
(ここでもう一回「じぇじぇじぇ!」って驚いて下さい)

ジュシか?レヒトネンか?
それで、ええねんか?
間違ってないねんか?
サックスのJoonatanもジョーナタンでいいのか?
もしかしたら、女子高生達が、わしに"ガーシャたん"
って云う、あだ名をつけて呼ぶみたいなもんか?(違うでしょうが)
ドラムのMikkoもミコか?ミッコか?
ミッコにおまかせでいいのか?
よぉ分からんので、それでいい事にして話を進めます。
そして、今後、このブログを読んでる人達全員がわしの事を、"ガーシャたん"
って呼んでもいい事にします。
あっ、もし名前の読み方間違えてる様でしたら遠慮無く
「もしもしガーシャたん!それ間違ってるよ」
って、コメント欄によろしくお願いします。

で、内容ですが、これがまた、ええねん!
レヒトネンやるねん!物ごっつぅええねん!
1曲目、レヒトネンちゃんのオリジナル。
来たよ、来たよ、いきなりハイライトナンバーが!
これ聴いてまず思わず仰け反る!
ビール飲みながら聴いてる人は、顔にビールぶちまけるくらい仰け反っちゃう。
ついでに、つまみの枝豆も鼻の穴に突っ込んじゃう!
これ1曲聴いただけで「この盤買って正解!」って思える程カッコいい!
アップテンポの4ビートに乗って、ジェシのソロが突っ走る!
いやぁ、震える程のカッコ良さ!
続くサックスソロがこれまた凄い!
4ビートから、ドラムとのデュオへの流れ!
うをぉ!こりゃマイケルブレッカーみたいやんけ!
ゾックゾクするやろぉ~。
そしてそのままの勢いで、ドラムソロへと流れ込む。
ううぅぅーっ!凄いテクニックゥ~!(と言いながら、ここでもう一回仰け反る)

うめき声をあげながら続く2曲目は、
ジェシちゃんのcriss cross盤のタイトル曲"circles"
右手の5本の指全てを使って、はじく様に弾くリフがカッコいい、
ファンキーなナンバー。
はじくって云ってもお弾きはじくんじゃないよ。
こうね、指で引っ掛ける様にして弦をはじくんだよ!
そして、これ聴いてるわしのはじけっぷりもハンパないよ!
はじけ過ぎて、お母さん(77歳)に怒られる程はしゃいじゃったよ!(嘘です)
ジェシはピックアップのセレクタースイッチを、センターにしてるのか?
ミドル域が抜けた様な楽曲によく合う抜群にいい音。
ジェシのアルバムより若干テンポが早いかな。
よく考えたら、このアルバムとジェシの2枚のcriss cross盤(circlesとviews)
同じ楽器構成だから、アルバム自体の内容もちょっと似てるかも。
いや、似てるな!あれが好きな人は絶対好きな筈だな!
この曲のドラムソロもカッコええ!
やっぱり、自分がリーダーなもんだから出て来るねぇ!
ソロしちゃうねぇ!

3曲目はスタンダードの"spring is here"
王道のジャズバラッド。
ここでは、オルガンがいい味出してる。
この人もフィンランド人かもしれんが、
あまり黒っぽい雰囲気は無いオルガニストでわし好み。
しかし、こんな曲演ったらジェシ最高だなぁ。
あぁ、このムードに、ずぅ~っと浸っていたい。

4曲目もレヒトネンちゃんオリジナル。
John Scofieldが書きそうなレイドバックしたムードを漂わせる、
ミディアムテンポのファンクナンバー。
テーマ部のサックスとギターのハモりが、もろジョンスコ。
これは、わしの好きな曲。
これ聴いてると全く違うのに、ジェシの音がジョンスコに聴こえてくるから不思議だ。
ところで、このアルバムでのジェシの使用ギターは、やっぱりギブソンのES-150か?
よく分からんが、ぶちええ音じゃんか!
こりゃ、この不人気ギターの市場価格も高騰するんじゃないか?ジェシのおかげで。
全く興味無かったわしが、既に欲しくなっとるくらいだからな……
(買う金は無いが)

よっしゃ!次いくかぁ。
5曲目はスタンダードじゃ!
この曲は、ボサで演る事が多いね、"it might as well be spring"
しかし、ここでは変拍子アレンジ。
あぁ、難しそうね…こんなん、わしゃ出来無いね。
しかし、この人達なんでも無い様にカッコよぉ~く演ってます、当たり前だけど。
ドラムも叩きまくってるぞ。

6曲目もオリジナル。
4ビートのモーダルな曲。
ジェシのソロは後半チョロっとだけ。
しかし、サックスとオルガンが大活躍。
ドラムの手数多いな!おい!

7曲目は、ブルース。
しかし、ブルージーさは、薄ぅ~っい。
ここでのジェシ、一瞬聴くとPeter Bernsteinみたいなプレイしてる。
そう云えば、ジェシって、ピーターのザイドラー見て自分も買ったんだよな。
後半の4バースカッコいいね。

そして、ラストもレヒトネンちゃんオリジナル。
目まぐるしく展開が変わるマイケルブレッカーが書きそうな曲。
いやぁ、この曲がもう一つのハイライトだな。
全員凄まじいプレイをしてる。
ギター、オルガン、サックスの順でソロを回すが、その後ろでドラムが煽る煽る!
煽るから、ソロも熱い、熱い!
聴いてるわしまで煽られて、乗る乗る!
乗りまくってリズムに合わせて首 突き出す、突き出す!
これライブで演ったら客もミュージシャンも乗りまくって首突き出しまくるな、
全員鶏みたいに。
で、ライブ終わったら、全員むち打ちなってたら面白いな。うん。

えぇ~っと、って云う感じかな!
以上、全8曲で終わりって事でいいかな!
しかし、購入動機は、ジェシ目当てだったんだけど、他のメンバーも良かった!
買って大正解だった!
謎のレスラーもいいが、謎のミュージシャンもかなりいい!
いやぁ、それにしても世界は広い。
まだまだ謎のミュージシャンいるんだろうね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

買いなはれ!今すぐ、買いなはれ!

(CDは売り切れみたい。mp3はありますよ!)

最後まで読んで下さってありがとうございます。
只今、当ブログでは、夏のクリック祭りを実施中です!
これは、誰かがクリックしてくれるたび、
ガーシャたんが、一人自宅で喜びの舞を踊り続けると云う、夏の恒例の祭りです。
さ、あなたもクリックしてみませんか?

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

これめちゃくちゃ良さそうですね!!

Amazonにはmp3しか無いのが残念ですm__m
2013/07/18(木) 18:17:24 |URL|seco #- [EDIT]
こんばんは

このアルバム、Jesse + おらの好きなオルガン入ということで、
リストアップしてましたが、やっぱ、良さそうですね。
オルガンもおらの指向に合ったクール系のようだし、
おらも聴きてぇ!
2013/07/18(木) 18:51:36 |URL|J works #- [EDIT]
secoさん、どうも!
これはオススメです。
フィンランド人、侮れません!
2013/07/18(木) 20:04:54 |URL|ガーシャ #- [EDIT]
J worksさん、どうも!
オルガンもいいでがす!
絶対ぇ、きぐべきだぁ!
まめぶ汁食べながら、きぐべぎだぁ!
2013/07/18(木) 20:09:28 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK