じぇじぇじぇの名盤

08-04,2013

これを初めて聴いた時は衝撃受けたねぇ。
ええっと、これね。
Kurt Rosenwinkel / east coast love affair(1996年録音)
Kurt Rosenwinkel(g) Avishai Cohen(b) Jorge Rossy(ds)

130802-0.jpg

ホント、まさに「じぇじぇじぇじぇじぇ~!!」って感じで、物凄い衝撃を受けた。
ん?
待てよ。
その頃は、まだあまちゃんやってなかったんで、「じぇじぇ」とは言ってないな。
「えぇぇえー!」って感じか?
いや、これだと単純にびっくりしてるだけだな。
「おぉぉぉぉ!」って感じか?
うーん、ピンとこんな。
「ほよよよよ!」はどうだ?
何かバカっぽいな。
もっと、感動と驚きとを表現したいな。
「むむむむ!」はどう?
おっ!何かいいんじゃない?
何か、非常に関心してるって雰囲気も出てるし!
どっかの博士が、何か発見して唸ってるって感じもするし、
それに、何となく知的じゃない?
でもなぁ、川平慈英が、サッカー中継で連呼してそうだしなぁ。
いまいち気が進まないな。
やっぱ、「じぇじぇじぇじぇ!」じゃダメ?
ね?ええじゃろ?
これが1番しっくり来るもん!
「じぇじぇじぇ」で、ええじゃろ?
ま、どうでもいいか。そんな事。

えぇっと、もうね、ジャズギターの新しいスタイルとか出ないと思ってたんですよ、
これ聴くまでは。
それが、あっさり出てきたからね。
今までのギタリストと全く違うテイスト持った奴が、ひょっこりと出て来たからね。
あの独特の浮遊感と、タイム感覚をオリジナリティ溢れるフレーズに乗せて、
近所の定食屋の暖簾を、ヒョイとくぐる様に何気なく、スーッと登場したからね。
まぁ、とにかく物凄い衝撃を受けたって事ですよ。ええ。

で、これをね、久々に引っ張り出して聴いてたんだけど、
うーん、やっぱり、いっいいぃぃ~!!
これ、デビュー作にして既に最高傑作じゃないか?
メンバーも当時はみんな若者だったんだろうけど、今見ると、むちゃくちゃ豪華!
カートのアルバムの中では、やっぱコレが1番好きだな、わし。
カートの魅力がたっぷり詰まってるし、演奏に勢いがある。
いや、待て。
そんなに簡単に1番って決めていいのか?
セカンドもぶちいいし、deep songもいいぞ?
それに、最新作の、star of jupiter も最高だ!
あぁ、悩む!思いっきり悩む!
忘れてたが、next stepも好きなんだ、わし!
うぅーむ、悩む!
しかし、決めた!
悩みに悩んでやっと決めた!
よっしゃ!発表するぞい!
うん、全部!
全部1番にしましたぁ!
(面倒くさい奴だなと、思わないで頂きたい)

さ、内容。
ユラユラ揺らぐギターが、怪しいムードを醸し出すオリジナルから、幕を開ける。
おお!
イントロからして既にカッコいい!
そして、むちゃくちゃいい音!
この時のギターは何だろうね?
既にデアンジェリコのnyss-3使ってるのか、それとも335か?
誰か知ってる人教えて下さい。
ま、何にせよ、既にサウンドも確立してるな。
2曲目は、カートお気に入りの曲、all or nothin at all
カート独自の、この揺らぎの秘密は、ボイスだよな。
ギターに絶妙に絡みつくボイス。
これも最初聴いた時は、ビックリしたな。
3曲目はビルエヴァンスの名曲、turn out the stars
カートのコードを挟むタイミングってホント独特。
ピアニストの左手って感じで弾いてると思うな。
はい!4曲目!
モンクのpannonica
あと、これスモールズで客入れずに録音してるみたいだけど、
ホント、いい音で録れてるね。
5曲目は、コルトレーンのlazy bird
コードを多様したソロがカッコいい!
アップテンポのラテンアレンジ。
6曲目、またもモンクで、round about midnight
うをぉぉ!カッコええぇ!(思いっきり噛み締める様に)
まぁ、しかし、次々と色んなアイデア出て来るねぇ!って驚く程のソロ。
名演!
で、カリプソ風の陽気なナンバーlittle white liesから、
ゆったりとしたアーシーなオリジナル、b bluesで終わり。

しかし、ホント、唯一無二のギタリストだな。
久々に聴いたが、もう一度それを確認したよ。
カートの前には、こんなギタリスト絶対いなかった!
このアルバムから、新しいジャズギタースタイルが生まれたと云う意味でも、
歴史に残る、超名盤だな!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これね!



譜面もある!



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもクリックして頂きありがとうございます!
下のバナーを押して貰えませんか?
押してくれなきゃ、泣きますよ。
あなたの家の前で、「この人が押してくれんのんじゃぁ」
と言いながら、メタボなおっさん(わしの事)が、
あなたの家の近所の人々に訴えながら、泣き続けますよ。
嫌なら、押して下さい。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

Kurtの歴史が始まって
Jazz Guitarの流れも変わり始めたのを感じた盤だったような........
Jazz Guitar 史の中で意味のある盤だと思います。
全く同感です。
2013/08/04(日) 20:26:48 |URL|J works #- [EDIT]
ジョンスコ、メセニー辺りから、ジャズの中での、ギターの重要度がグンと上がったと思います。
そに中の急先鋒ですよね。
2013/08/04(日) 21:45:35 |URL|ガーシャ #- [EDIT]
これって表記だと一応ライブ録音なんですよね。

オーディエンスの声とか一切排除されてますけど、カートは結講神経質だったんでしょうかね??
2013/08/04(日) 22:05:11 |URL|seco #- [EDIT]
度々すいません。。

これお客さん入れずに録音してたんですか!!
知らなかった・・

でもカートが出てきて、ジャズギターの流れってホントに変わりましたよね。名盤です!

2013/08/04(日) 22:16:15 |URL|seco #- [EDIT]
音いいですよね。
スタジオは予算かかるでしょうからね、こう云うのもありだと思います。
一流ミュージシャンはどこで演っても凄いです
2013/08/05(月) 00:12:28 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK