この前の運勢と見逃された盤

08-24,2013

「知っていることを、今更教えられる。顔に出る。」
2~3日前の朝刊(広島の地方紙)に出てた、わしの誕生月の運勢だ。
これを見て、すかさずある人の事を、思い出した。
以前このブログでもチラッと触れた事がある、
ある企業を率いる、HTさんと云う、社長の事だ。
この人と会話してると、まさにこの運勢に書いてある様な事が、ちょくちょくある。
わしが、とっくの昔に知ってる事を、得意気に話すのだ。
しかも、この「知っていること」ってのがほぼ全て、以前わしが言った事だから始末が悪い。
このHT社長、わしが教えた情報だとか、雑学だとかを、
さも自分の知識の様に、さも自分の手柄の様に、どや顔でわしに話して聞かせるのだ!
わしから仕入れた話だってのを完全に忘れて、わしに!
情報元の、このわしに!
思いっきり通ぶって、粋がって、語るのだ!
だから、そんな話しを聞くと、わしは、「へ?」しか、言えなくなる。
言えるのは、「へ?」のみだ。
それ以上の言葉は出ない。
「へ?」だけだ。
そして、この言葉にならない感情は、完全に顔に出てるだろう。
「へ?」って表情で。

しかし、このHT社長、それには全く気付かない。
それどころか、今後何年経っても、気付く事は無いだろう。
そして、わしの「へ?」には全く気付く事なく、
話のオチも内容も全てパーフェクトに知ってるわしに、
わしから得た話を、長々と語るのだろう。
で、わしは立場上、それを黙って聞いてなきゃならない。
時には、「はぁ、そうなんですかぁ!勉強になりますぅ!」
とか言いながらも、やっぱり「へ?」って顔して聞き続けなきゃなんない。
わし発の、パーフェクトに知ってる、わしの話を。

と云う訳で、久々にAORいくでがす!
Greg Guidry / soul'd out



これは名盤 "over the line "から18年を経た西暦2000年に、
日本のクールサウンドからリリースされた、グレッグ通算3枚目のアルバムだ。

いやぁ、やっぱ最高!
内向的な少年の様な少し憂いを帯びた声、
70年代のソウルに影響された、哀愁感溢れるポップでグルーヴィな楽曲。
マジで、どれもこれも最高だ!
これが2000年じゃなく、1980年代前半にリリースされた盤なら、
間違い無くAORの名盤として語られてたと思う。

ライナーにも書いてあるが、先ずは冒頭3曲で殆どのAORファンは参るだろう。
キャッチーなサビが印象的な1曲目、
むさ苦しいおっさんが思わず爽やかな笑顔をこぼす程、上質なメロディだ!
分厚いコーラスとガットギターが美しいスローナンバーの2曲目、
気分に浸ったおっさんは、ひとり勝手に照れて頭を掻くだろう。
グレッグ本人も語るマーヴィンゲイに影響された、ソウルフルな3曲目。
うおぉ!今すぐクラブに行って踊りたくなる!
但し、盆踊りしか出来んけど。
うーむ、やっぱり、この3曲の流れはマジで強力だ!
「こりゃベストアルバムか」って思う程だ。
しかし、このアルバム、
勿論その3曲だけじゃなく、その他にも美味しい曲は目白押しなのだ。
スイートなムードの4曲目もいい!女の子が好きそうだ!
独身男子よ!今すぐドライブ用オムニに入れろ!
そして女を誘い海岸線をドライブしろ!
あわよくばBくらい、いや、Aくらいさせてくれるかもしれんぞ!
(古いか!)
5曲目は、ファーストアルバムからのセルフカバー、名曲goin' on
若干アップテンポになったな。
3拍子のバラードの6曲目は、オヤジの心をジーンとさせる。
これぞ80年代!初期のホール&オーツにも似た7、8曲目!
思わず、どでかい肩パットの入ったダブルのスーツを着たくなる!
9曲目もミディアムテンポのバラード。
10曲目はファンキーでポップ!
そしてラスト!
またも来た!甘ぁ~いナンバー!
あぁ、これもいい!
何なんだ?この甘酸っぱさは!
このなんとも言えないキュンと来る感じは!
もう気分は完全にティーンだ!
痔の痛みに怯えたり、頭髪の量を気にする事もない、ティーンエイジャーの気分だぁ!
と云う感じの全11曲。
これは、隠れたと云うより、AORファンにもちょっと見逃されてるって感じの名盤だ。
是非聴いてみて欲しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもクリックして頂きありがとうございます!
今日もなんとか押して貰えんでしょうか。
押してくれなきゃ、押してくれるまで、
あなたの家の前で、拡声器持って問いかけますよ。
「ねぇ、なんで押してくれんのん?」と。

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK