Ibanez AS200がやって来た

02-03,2013

おおよそ、二年前のあの日、ワシはいまかいまかと、ある人物がやってくるのを待っていた。
と言うのも、その数日前、ワシはあるインターネットオークションで念願のブツを入手しいていたのだ。
そう、宅配便のオジサン(お兄さんかもしんないけど)を待っていたのだ。

そして、そのオジサンじゃなくて、そのブツこそ、本日の主役、Ibanez AS200
日本語で書くと、アイバニーズ エーエス ニヒャク。
あっ今、わし何の躊躇も無く、アイバニーズって書いたけど、ホントはイバニーズって言っちゃう世代…
若者ぶって、ゴメン………

で、このAS200現在すでに製造中止になっとって、新品では手に入らんのです。そんな訳でオークションでの購入になったのだが、わしギターを試奏もせず買うって事自体 始めてなもんで若干の不安は有りもうした。

更に、ここまで読んだ賢明な読者の皆さんなら既にお気づきだろうが、わしジョンスコフィールドの大ファンでもあるのだ。そやからなぁ 欲しいなってん!ほしゅーて たまらんかってん!ええやろぉ?

因みにこのASちゃん購入資金捻出の為、禁煙したんだが、その話はまたの機会に。

そんなASちゃんがもうすぐやって来るのである。はるばる沖縄からやって来るのである!
そうです、このASちゃん沖縄出身なんですね。安室ちゃんみたい!めんそ~れ!ASちゃん!

浮かれきったワシが「まだかな?宅配便のオジサマ,ルン♪」ってな感じでまってると、
いよいよやって来ましたよ、汚ったねーケース抱えてオジサンが。
ん?
えっ?
それ? その汚いの?

そう、すげー汚いの。もーボロボロ…。梱包もせずそのまんま…。
若干うろたえつつワシは「でもオリジナルケースだ。かえって風格あっていいじゃん」
「沖縄の人は大らかだな」とか良い様に思いつつ、そっとケースの蓋を開けました。

そしたらね、ギターも汚いの。ヤニか何かついてて、全く掃除してないの。バインディングのとことか、エスカッションとか、すんゲー黄ばんでてヴィンテージギターかってくらい風格あんの。

そして軽い目眩を抑えつつギターを抱え弾いてみました。するとね、「あれ?いいじゃん!ピッチもバッチリだし、すげーハコなり!」て感じでいいんですよ。安室ちゃんがオバァになったらって感じで!
その後、行きつけの楽器屋さんで微調整して貰ったんだけど状態も最高だって。

そんな訳でわしのASちゃん、今じゃすっかりわしの部屋に馴染んで横に立ってます。

これね!

AS-1.jpg

ジョンスコのは、80年代前半製でワシのは後半製、ヘッドの形が
違います。ワシこっちが好き。
IMGP7276-1.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カートローゼンウィンケルのニューカルテットにも参加のアーロンパークスのリーダーアルバム。
マイクモレノ参加作。




励みになります。よろしくお願いしします。
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK