アンヴィル!夢を諦めきれない男たち

02-04,2013

130204-2.jpg

カープの新外人ソコロビッチ、大変だな…
お好み焼きの次は巻き寿司。次何食わされんのかな?頑張れよ。

てな訳で、

130204-1.jpg

アンヴィルです。いきなりヘビメタです。しかも情報としては、古いです!
しかし! どうしてもこの映画紹介したいんです! ジャズファンにも見ていただきたいんです!

内容は単純で、50超えても、夢を追うおっさんロッカーのホロ苦く、それでいて熱い生き様を追って行くドキュメンタリーって感じなんだが、
こいつらが(基本、g、voのリップスとdrのロブ)がいい味だしまくってんですよ。

この二人、15歳の時出会ってそれ以来ずっとバンドやってんの。で、また二人のキャラが正反対でロブは寡黙。
でもねリップスの方はスキッ歯でモロお調子もんって感じなんですよ。顔もにやけてて、おまけにちと、ハゲかかっとるし、全くオーラなし。

映画の冒頭 日本のロックフェスで演奏してんだけど、バイブレーター持ってギター弾いてていかにも二流って感じなんだよね。しかもそれ以降は鳴かず飛ばずで、地元でバイトしながらバンドしてんの。

また二人の家族がすごくいい人達でね、半分呆れながらも、そっと見守ってくれてるんですよ。
幸せもんですよこいつら!

もう見てるうちに、二人の事どんどん好きんなってくんですよね。

ようやく入ったヨーロッパツアーでのリップスのはしゃぎっぷり、ギャラ貰えず怒ってるとき、電話セールスができないとき、リップスのお姉さんの優しさ、ロブの奥さんの理解、子供達のしょうがないよって顔、喧嘩して仲直りして…
もう全部が響くんですね。

最後の日本ツアーのシーン、 リップス弱気んなってるんですね、「客5人だったらどうしよう、俺はまだ良いけど
せっかく来てくれたファンの方が悲しむんじゃないか」って感じで…

そこからは見て下さい。わし少し泣きました。
多分、この二人これからも、やって行くんでしょうね。人生の殆どを一緒に過ごしてきたんだから。
ホント、この二人に幸あれですよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






クリックよろしくお願いしします!
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


COMMENT

この映画みたぞ!ディレクターはデビュー当時アンビルのファン(当時15歳)で、なにげに20数年後にバンドを検索したら、「まだやってるじゃんコイツら!」って驚き、このドキュメントを作ったらしい。

ワシも同じように生きた時代があるので、身内をみてるような感覚で映画をみた。又、熱く生きるのがカッコ悪い時代に成って来た感もある今だからこそ見て欲しい映画のような気がするね。
2013/02/04(月) 15:15:19 |URL|ラバオ #- [EDIT]
ラバオさん、こんにちは。いいお名前ですね。
そうなんです、この映画メタルファンだけの映画じゃないよね。全ての人に何か、感じさせる映画と思いますね。
2013/02/04(月) 16:24:09 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK