拘らない男

10-03,2013

ジャズギターブックの最新刊に掲載されていた、
Mike Morenoのインタビュー記事が面白かった。
(今年6月にあった自己のバンドでの来日時に受けたもの)

(これです)

中でもピックに関する記述!
これが中々に興味深かった。
えっー、その記事によると、
なんとマイクちゃんって、ピックには全く拘りが無いみたいだ。
極端な話、その辺に転がってるのでも構わんとまで言ってる。
実際、このインタビューのあった日のライブでは、
ギターショップで無料で貰った物を使ってたみたいだ。
うーむ、なんとなんと。
この男、ギターのセッティングにはめちゃくちゃ神経質らしい、
と云う事は聞いた事があるんだが、ピックにはそこ迄無頓着とは…
それで、あの超絶フレーズを弾きまくってんだからな。
こりゃ、「弘法筆を選ばず」に対抗して
「マイクちゃんピック選ばず」ってことわざも加えたらどうかいの?
ん?
まんま過ぎるか?

しかし、と云う事はだぞ!
もしライブ時にピック無くして、
「誰かピック貸して下さい。お願いします」って事態になったとしてたぞ!
さりげなくわしが「これならあるよ」とか言って
そっとリッチー(ブラックモア)愛用のホームベース型のべっ甲製ピックを手渡せば、
それ持って弾くって事か?
リッチーピックをしっかりと握りしめて、あのカッコいいオリジナル曲弾くのか?
いやいや、そうなると下手すりゃマイクちゃん、そのピックにインスパイアされて、
"スモーク・オン・ザ・ウォーター"のイントロを大音量で弾き始めるかもしれんぞ!
しかも、リッチー張りに山高帽被って右手を突き上げるアクションしながら!
で、それ見たピアノのアーロンパークスが慌ててマイク掴んで歌いだしたらたら面白いのに。
ま、するわけないけど。

因みに現在マイクちゃんの使用エフェクターは、この取材時から若干変わってるみたいだ。
リンクさせて頂いてる バカラッシュさんのブログ掲載写真を見ると、
(先月ケンドリックスコットのバンドで来日した時の物)
ケンタウルスから、ケンタの回路やパーツを受け継いだ、Klon KTR に変更されている。

130921-02.jpg(これです)

ま、殆どケンタと同じ物みたいなもんだろうけど、
オリジナルと違い比較的入手し易くなった筈だ。
当然の様に、既にわしも軽く欲しくなってる。
誰か下さい。
しかし、どうやらクリスクロスからは今後もうアルバム出しそうにないな。
そんな神経質な事言わんと、出せばいいのにな。

はい!
と云う訳でジャズいくでがす!
流れから、当然マイクモレノ参加作。
イタリア人サックス奏者Gaetano Partipilo(多分ガエターノ・パルティピロ)の2006年録音作品
"the right place"



Gaetano Partipilo / the right place(2006年録音)
メンバーは、Gaetano Partipilo(as,elp)
Mike Moreno(g) Roberto Tarneti(p,elp)
Matt Brewer(b) Nasheet Waits(ds)

さ、1曲目いくでぇ!
イタリア人らしくスタイリッシュで、シャレオツなオリジナルからスタート。
クールビューティーなアルトとマイクちゃんがユニゾンで奏でるテーマがぶりカッコええ!
こりゃ、いきなりキラーチューンだ!
で、マイクちゃんのプレイ。
先ずは、サックスソロバックのコンピング!
これがまぁ、おっしゃれぇー!
これ聴いてるだけで既に鳥肌が立ってくる!
大根おろしが作れる程ガッツリと!
勿論ソロもマイクちゃん節全開!
洗礼されたフレーズを眈々とクールに決めまくる!
もう、この1曲だけでも大満足!

ええー、大満足だが当然次も聴く。
2曲目は難解なリズムの、これ又スタイリッシュな佳曲。
ソロはギターから。
エレピの奏でるゆったり揺らぐコードに乗って空間を縫う様にフレーズを重ねていく。
うーむ、しかしいつ聴いてもマイクちゃんのピッキングはとにかくソフトだ。
親指と中指で優しく握る様な独特なフォームは坂上二郎を思い出させる。
(二郎さん恒例のギャグ「飛びます飛びます!」時の形)
はっ!
まさか小さな声で「tobimasu,tobimasu!」って、
かたことの日本語で言いながら弾いてるんじゃないか!?
それがあの独特な浮遊感プレイの秘密じゃないか?
よしっ!
今度から、わしもやってみよう!

バカな妄想は放り投げて次!
3曲目は複雑極まりないテーマの曲だ。
緊迫感がハンパない!
自宅でゆっくりくつろいでる人のバックでいきなり大音量でこの曲かけたら、
「頼むから止めて!」って怒られそうだ。
マイクちゃんのソロは短いながらもらしさ全開で素晴らしい!

4曲目は幻想的なスローナンバー。
お得意のムードにのってのソロは「如何にもマイクちゃん!」って感じだ!
あっ!
書き忘れてたが、
マイクちゃんの使用ギターはレコーディング年からしてGibson ES-335だろう。
艶っぽい質感のいい音だ。
わしの理想の音とも云える。

5曲目。
タイトル通り(Italian coffee break)休憩的な曲。
バックのSFチックな音は何だろう?
ソロは無い。

変拍子のアグレッシブなテーマを持つ6曲目。
曲が進むにつれ、どんどん混沌としたムードになってくる。
そしてマイクちゃんの爆発的なソロ!
アヴァンギャルドでフリーキーだけど、端正で美しいと云う
両極端を兼ね備えている。
脂ぎったおっさんに女装をさせてみれば案外可愛かったって感じだろうか?
いや、なんか違うな。
むちゃくちゃ可愛い女の子が恐ろしい程の大きな屁を連発でこくって感じか?
機関銃的に。
これも多分違うな。
うーん、どうしましょう?

よっしゃ!7曲目。
ここでのマイクちゃんのソロが、まぁカッコいい!
緊張感だだ漏れの高速パッセージを余裕ぶっこいて弾き倒す。
ぶりぶり、ぶりぶり、カッコいいぃぃいいい!!!(お尻を可愛く振りながら)
しっかし、カッコいい以外になんか褒め言葉無いもんかね?
「イキでがすな!」とか「いなせだねぇ!」くらいか?
なんかピンとこんな。
ま、どうでもいいけど。

ほい!
ちょっとバップっぽいトリッキーなテーマの8曲目。
マイクちゃんはノンコードのフリー的アプローチで面白いソロを聴かせてくれる。
当然、バッキングも面白い!
いやぁ、いなせだねぇ!(早速使ってみた)
そして、これ聴いてるとまたもヴォリュームペダル欲しい病が…

はい、お次ぃ~。
あぁ、こりゃと~ってもいい曲。
美しく静寂なバラード。
マイクちゃんってこう云うタイプの曲で、
本当にロマンチシズム溢れる素晴らしいソロを弾く。
この曲のソロもとにかくグッと来る。
念の為言っておくが、グッと来ただけであって、ハッとはしては無い。
わしゃトシちゃん(田原俊彦)の回し者じゃないからな。

10曲目。
変拍子のテーマをユニゾンで弾いてるだけ。
マイクちゃんソロ無し。

11曲目。
2分弱のサックスのソロ。
マイクちゃんお休み。
ってか他のメンバー全員お休み。

そしてぇ!
何気にファンキーな12曲目でラストォ!
いやぁ、マイクちゃんのソロの入り方カッコいいなぁ~もぉ~!
イカすでがすなぁ~もぉ~!
しかし、やっぱり自分の出番になると、スパッと決めるね!
バシッと一発で決めちゃうね!
流し目ひとつで、ババア共を夢中にさせる里見浩太朗みたいなもんだな。
こりゃお捻りのひとつも投げんといかんな。
ライブ会場では案外「マイクモレノ饅頭」でも売ってんじゃないか?
あったら買うよ。

と云う訳で、えらい長くなったんでスパッとバシッと終わる。
マイクモレノファンはマスト!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後まで読んで下さってありがとうございます。
こんな下らない物を最後まで読んだあなたは絶対いい人です。
いい人の筈です!
だから、下のバナー…
お・し・て・け・ろ。
押してけろぉ。(当然、滝クリ風に)

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

こんにちは!

そういえば前にインタビューで、ソロを弾く時にどのキーとか、どの音とかあまり考えてないって言ってたような・・

もう完全に自分のスタイルを作り上げていますね。
2013/10/04(金) 17:38:44 |URL|seco #- [EDIT]
何と!キーまで無視ですか!
最近またマイクちゃん聴き捲ってます。
ホント、イカした奴です!
2013/10/04(金) 18:57:10 |URL|ガーシャ #- [EDIT]
何とか普段の生活が戻ってきたようですね(笑)。

このGaetano Partipiloのアルバムは、一時期欲しかった
んですが、あいにく入手しずらい時期で、すっかり
忘れていましたが、セールス上手な口上に
また、欲しくなってきました(笑)。

ところで能年ちゃんが、月曜の笑っていいともに
ゲストで出るようです。
あの挙動不審のユニークなキャラがタモリに
どんないじられ方をされるのか?
興味深いところです。

でも、Gさんは、思い出すから見ない方がいいかも!
2013/10/04(金) 20:13:08 |URL|J works #- [EDIT]
おおおおおお!!!!
マジですか!
そりゃ見ますとも!見ないでかぁ!
録画して最低10回は見たおしちゃるぅ!

ところで、このアルバムいいですよ。
買ってください。
2013/10/05(土) 06:34:58 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK