深読み

10-21,2013

今日の中国新聞(広島の地方紙)によると、
カープの今村はやはり身体のあちこちを痛めてたみたいじゃないか!
今年の不調の原因はやっぱそれだろう。
考えてみると去年から全く休みなしでWBCにも出てたんだ。
これは、仕方無い事だったのかもしれん。
今はじっくり身体を休めて貰い来年に期待するしかない。

しかし、どう見ても今年の今村はおかしかった。
素人目にもそう思ったのに、
ノムケン始め首脳陣に今村を休ませ様とする者は居なかった。
いくら打たれようと、判で押したように今村を登板させる。
どう見ても不調なのに、8回になれば今村を出す。
余りに酷いと云う事で一旦2軍に落としても、
10日経てば速攻で帰って来る。(例え2軍で打たれまくっていても)
ここにカープと云うチームの問題がよく現れている。
このチームは元(カープオーナー松田元)が実権を握ってからと云うもの、
どうも選手の序列を決めたがる傾向があるのだ。
依怙贔屓も酷い。
スター選手だと(あくまでもカープ内だでだが)大怪我でもしない限り、
多少どころか思いっきり不調でも1軍だ。
ノムケンがよく言う、「やってもらわないと困る」的感覚だろう。

だから、一旦、スター選手として認定されたら当分は安泰だ。
当分は1軍に居れる。
今年の栗原などもそうだった。
手術から復帰しオープン戦で大不調でも即スタメン。
後半2軍暮しになったのは「もうお前はスターじゃない」と烙印を押されたようなもんだ。
案外冷たいところもあるのだ。(福井の扱いなんかもこの口か)
今後の栗原は、永川の様に相当頑張らないキツイだろうな。
これは、まぁ仕方ないけどね。

あと、外国人選手に対してもそうだ。
外国人イコール打って貰わないと困る的な考えでずーっと使う。
オープン戦見てて「ダメだろこりゃ」って選手でもずーっと使う。
「そのうち打つんじゃないか?」ってイメージだけでスタメンだ。
腹が立つ程だ。
そして、「これ」と目を付けた選手(特にドラフト上位の選手)には過度の期待をする。
2軍での成績が多少悪くても使いたがるのだ。
とにかく早目にスター選手にしたがる。
だから、当然不調でも使う。
他にいい選手がいても、そっちは無視して使う。
無理してでも使う。ゴリ押しで使う。
それは結局全てTシャツ売る為なのだ。
Tシャツやグッズのネタの為、無理してスターを作ろうとする。
で、この選手達がそこそこの成績を出せば晴れてスターだ。
カープでは"そこそこ"の成績でスターなのだ。
だから中には勘違いする選手も出て来る。
大ベテラン張りに安泰の地位にのんびりと座ってるのだろう。
翌年成績が大失速する者も居る。(でも数年は1軍安泰)

しかし、今村も無理させないでシーズン当初早目に2軍で再調整させてればなぁ。
体調が完璧に戻ってから使っていれば全く違った成績になったんじゃなかろうか。
そう考えると返す返す残念でならん。
とにかく、自称でも一応育成球団を謳ってるのだ。
入団した選手は横一線で見るべきだ。
最初からスター候補だとか、
多少ある実績(あくまで多少)などは考えないで全てが競争であって欲しい。
わしは這い上がって来る選手が好きなのだ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファンならこれも買わんといけんか。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
久々の一日二回の更新でがす!
さ、ご褒美として押してけろぉ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村


広島東洋カープ ブログランキングへ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK