V字

11-01,2013

JR山陽本線の下をくぐる様に通る道。
通称「V字」(わしらだけの通称だけど)

131027-3.jpg

なんの変哲もない道だけど、
昔(30年以上前)は舗装もまだ綺麗で、いい感じの坂だった。
だから、スケートボードにハマっていた当時中学生1年のわしらにとっては、
絶好の遊び場だったのだ。
くっそ暑い夏の日も、途轍もなくさっむ~い冬の日も、
毎日の様にここへ来てた。

そんなある日の事だ。
そ奴は突然やって来た。
数年後同じバンドを組む事になる、友人Sだ。
その男は、両手にサッカーのゴールキーパー的分厚いグローブ、
両腕に巨大な肘パット、
両足に もっと巨大な膝パット、
更に、顎パット付きローラースケート用ヘルメット着用と云う、
パットまみれのロボコップ的出で立ちで颯爽とやって来た。
大して仲良くも無いのに、
何の予告もなく、
いきなりロボコップが、新品のスケボー小脇に抱えて現れたのだ。
「怪我など恐れない!」と云う事が、カッコ良さの証だったわしらにとって、
あくまでも「安全第一」と云う、工事現場的発想のその異形の姿は、
ある意味衝撃的だった。
そもそも、「安全第一」を標榜するなら、
こんな一般道でスケボーなんかしなきゃいいんだからな。
まぁ、とにかく変な奴だったが、この友人S。
それ以来、静かに、さり気なく、
そしてある意味図々しく、わしらの仲間に加わって来たのだった。

で、
30年以上経った今でも、たまにこの道通ると思い出すんだな。
友人Sのその姿を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ペトルチアーニの映画「情熱のピアニズム」がブルーレイに!
しかもライブDVD付きとは!
こりゃ買うしかないか!





最後まで読んで下さってありがとうございます。
そして、いつもクリックして頂きとても感謝してます!
どうか今日もお願いします。
押してくれなきゃ貴方の枕元で一晩中囁きますよ。
「何でぇ?何で押してくれんのん?」と。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

V字懐かしいのぉーっ! 当時は左のアパートみたいなのも無く、回りはもっとガランとした印象があったんだが、記憶が薄れてるんだろうか?

SはV字から比較的近い山のほうに住んどったヤツよのぉ?

それにしてもわざわざV字の写真撮りに行ったのか?貴重な写真(思い出)ありがとう
2013/11/03(日) 04:02:00 |URL|ラバオ #TAgeFoVU [EDIT]
おーい、ラバオよぉ〜!
いや、記憶違いじゃないぞ。SはV字から見上げた山の上に住んでたあいつの事だ。
それにこの辺はなんも無かった。
ただ今は結構建物も立ったし交通量も増えたが雰囲気は当時のままだ。
この前車で通った時、わざわざ降りて写真とったのだ。
また色々アップするつもりじゃ!
2013/11/03(日) 06:08:31 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK