FC2ブログ

うまだから

01-07,2014

うまですね。今年の干支。
だから、お馬さんジャケットのアルバム引っ張り出して来ました!
(と云ってもイラストだけど)

140105-2.jpg

Poco / legacy (1989年作)
メンバーはjimmy Messina,Rusty Young,Richie Furay,
Randy Meisner,George Grantham

幾度ものメンバー脱退や引き抜き?を経てきたポコ。
(カープ&サンフレッチェファンのわし的にはこの辺に親近感が湧く)
そんなカープ的ポコに、
オリジナルメンバーが久しぶりに集結して作ったのがこのアルバム。
カープに黒田と新井が復帰、
更に金本までもが現役復帰して23年振りの優勝って感じでしょうか。
違うか?
ま、どうでもいいか。
当時は商業ロックと揶揄されたが、
わし的にはむしろカントリーテイストが濃い初期よりこの位の方が丁度いい。
初期も勿論いいんだけどね。
尚、今後は細かくカテゴリー分けするかもしれんけど、
このブログではとりあえずウエストコースト系ロックはAORとします。
そこんとこヨ・ロ・シ・ク!

ではサクッと紹介します。
乾いたギターサウンドと甘いボーカルがもろウエストコーストしてる1曲目。
2曲目はシングルカットナンバー。これも超キャッチー!
この2曲の流れはもう最高!
3曲目はランディーマイズナーのワイルドなボーカルが聴きもの。
ハイトーンコーラスが美味しいこれも王道の4曲目。
リチャードマークス作、納得の美メロロッカバラード!
速攻で黄昏ドライブオムニバスに採用決定!の5曲目。
6曲目はジムメッシーナ作、
カントリーフレーバー溢れるスローナンバー。
小細工一切無し!
ストレートなロックンロールの7曲目。
そして来た!
ソフト&メロウな8曲目はAORファンも思わず笑顔!
9曲目はメッシーナのジャンプナンバー。
10曲目はリッチーフューレイのハイトーンヴォイスにときめくバラード
そして、これぞポコ的アンプラグドサウンドの11曲目。
以上終わり!
ええっと……
サクッとし過ぎですかね?すみません。
まぁしかし、今聴いても悪くない!
ってか良いよこれ!
80年代の終わりにひっそりと生まれた地味ぃ~な名盤です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになってます。
バナークリックをお願い出来ませんか?
よろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK