ゼログラビディで思い出した

01-11,2014

昨年末大騒ぎの末やっとの思いで映画「ゼロ・グラビディ」を観て、(この記事)
数年前に読んだ「絶対帰還」と云う本の事を思い出した。



でも、この本の話は映画と違って実話。
スペースシャトルの爆発事故によって地球に帰る手段を失った3人の宇宙飛行士達が、
実際に宇宙ステーションに取り残されると云うお話。
高所恐怖症&閉所恐怖症の上、乗り物酔いし易く、
その上胃腸も弱い(トイレが近い)わしからしたらまさに地獄の様な状況。
想像しただけでタマキンが縮みあがる。
(しかしこの3人の宇宙飛行士は結構楽しんでる)
この本はそんな絶体絶命的どツボ状況を、
豊富なエピソードを交えてリアリティたっぷりに描いてくれる。
読んだのは随分前なんで(わしの読書ノートを調べたら2010年2月に読了してた)
細かい事は忘れたけど、まぁーとにかく面白くて一気に読んだ記憶だけはあります。
(椎名誠さんもエッセイで大絶賛してた)
だから映画観て「よっしゃ、もう一度読もう!」と思ったんだけど、
よく考えたらブックオフに売ってしもーたんだった!
ああぁ、失敗した!
ゼロ・グラビディを観て手に汗を握ったあなた!
オススメします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャズを一枚。
Lage Lund参加!速攻予約。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
とても励みになってます!
今日も応援のバナークリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

初めましてガーシャさん、「ゼロ・グラビディ」観てきました。
 こんな本があったのですね。そう言えばシャトル墜落の時に宇宙に残されていた飛行士が居ましたね。場所が場所だけに半端じゃない状況なわけで・・・。
 サンドラブロックの逞しさがありありと思い出されるうちに、読んでみます。
2014/01/12(日) 17:36:55 |URL|何ちゃって南 #- [EDIT]
何ちゃって南さん、コメント頂きありがとうございます。
とても嬉しいです!
この本是非読んでみて下さい。
ぶち面白いですから。
何処かのブックオフに古本があるかもしれません。
2014/01/12(日) 20:00:10 |URL|ガーシャ! #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK