生誕65周年 その2

03-26,2014

5日ぶりの更新です。
またもや「何も書く気がしない」「創作意欲が湧かない」
「ブログ執筆の為、他人のお金で"高級ホテルに缶詰"と云うのを味わってみたい」
「だから、それまでは絶対に書かない」と云うわがまま文豪モードに突入しておりました。
でもいくら待ったところで誰もお金出してくれないでしょうから今日からスルッと復帰します。
ええっと、前回に引き続き今年生誕65周年(3月29日誕生日らしい)のマイケル・ブレッカー聴き。

140317*3

Michael Brecker / time is of the essence 

メンバー
Michael Brecker (ts)
Pat Metheny (g)
Larry Goldings (org)
Elvin Jones (ds 1.4.9)
Jeff "tain" Watts (ds 2.5.7)
Bill Stewart (ds 3.6.8)

オーソドックスなジャズオルガントリオをバックに
マイケルが豪快に吹きまくると云うだけでなく、
タイプの違う3人の大物ドラマーを曲によって使い分けると云う贅沢な試み。
堪らんね、こりゃ。

さ、サクッと行きます。
1曲目。
3拍子のマイケルオリジナル。
「これぞエルビン!」と云うドラミングがゴリっとしたジャズのムードを醸し出す。
ソロはテナーからギター、オルガンの順で。
そして曲終盤にはドラムソロもあります。
いやぁ何気に初っ端からブチかましてくれる。

2曲目はゴールディングスのオリジナル。
スピード感溢れる高速4ビートナンバー。
ソロはマイケルから。
まぁー飛ばす飛ばす!
気持ちいい位ぶっ飛ばす!
「あんたはいいね!楽器上手くて!」
「それだけ吹けりゃ、さぞかし楽しいでしょうよ!」
と嫌味の一つも言いたくなる程のカッコ良さ。
続くクールに迫るオルガンも同じくカッコいい!
(尚、ギターソロはありません)

3曲目は少しユーモラスなテーマのマイケルオリジナル。
マイケルの雪崩れ込む様な怒涛の攻撃(ソロ)がメセニーを襲う!
しかし、迎え撃つメセニーもメセニー節全開の長尺ソロで応酬。
ギターファン大満足!

4曲目はメセニーのオリジナル。
ミディアムテンポの4ビートで演奏されるマイナーブルース。
ソロはテナー、ギター、オルガンの順で。
ダークで粘っこいエルビンのビートに乗って畳み掛ける様に弾きまくるメセニー。
まさに「真夜中のニューヨーク」
「しかも薄暗い地下のジャズクラブ」って感じでチョーカッコいい!
あぁーほんにほんに、カッコいいぃぃいい!!!
ビシっ!
(漫画"がきデカ"の死刑ポーズをしながら)

5曲目はマイケル作のハートフルなバラード。
ソロはギターからテナーへ。
このアルバムでのメセニーはエレキオンリー。(アイバニーズのメセニーモデル)
ギターシンセやアコギ等は使わずあくまでもジャジーに迫ります。

6曲目はGeorge Whitty作のファンキーなナンバー。
んんー!
マイケルがブリブリっ!と屁をこく!
じゃなくて、
ブリブリっ!とブロウする!
吠えまくる!
メセニーだってファンキーに、ブルージーに、トリッキーに縦横無尽!
これも、めっちゃカッケーやん!
パオォ~ん!
(がきデカのこまわり君の"アフリカ象が好き!"のポーズをしながら)

よっしゃ7曲目!
スパっとキレのあるテーマのマイケルオリジナルは、
ミディアムテンポの4ビートで。
ソロはテナー、オルガン、ギターが。
コテっと濃厚テナーに、ピリリとドライなオルガン、
そこへ追い討ちを掛けるメセニーの全方位型ギター。
最高のジャズがここに完成!
バシっ!
(こまわり君の"八丈島のキョン!"のポーズをしながら)

8曲目はメセニー作。
男の背中的哀愁溢れるアーバンなバラード。
ソロはテナーとギターが。
メセニーらしい泣のギターをしっとりと聴かせてくれます。
あぁぁあ、いっいぃぃぃい~。
んがっ!
(当然、上目遣いで大口開けたこまわり君の表情で)

んで、ラストはマイケル作のモードナンバー。
これはもう、マイケルとエルビンの豪快なプレイを思う存分満喫して下さい。
これ聴いたら間違いなく、全身に鳥肌を立てながら屁をこくでしょう。
いやいや それだけじゃ終わらず、
更に涙を流しながらヨダレを垂らし、
尚且つ、顎を外しつつ腰を抜かしながらもへこへこと踊り狂うでしょう。
まさに鬼。
鬼プレイです。
(ギターソロはない)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これもSHM-CDで再発。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
そしていつも応援のクリック感謝致します。
更新の励みになります。
今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

Gさん どうも

私もよく聴いた一枚です。
Brecker, Metheny共に好調ですね。
それに粘っこく煽るElvinもかっこいい。

また、私的には、Jazz Organ史を考えた場合、
重要な位置づけにある一枚とも受け取ってます。
2014/03/26(水) 19:42:44 |URL|J works #- [EDIT]
Jさん、どうも~!
やっぱりそうですか!
絶対好きだと思ってましたよ。
オルガン、ギター好きには堪らんアルバムですよね。
2014/03/27(木) 01:24:15 |URL|ガーシャ! #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK