雨の日のお友達

04-28,2014

「今日の広島はあいにくの雨模様です」
と、天気予報士の様な事言いつつ、
わし的には全く"あいにく"とか思ってません。
それどころか、"御誂え向き"とすら思ってます。
前にも書きましたが、実はわし雨が大好きなのです!
ってか、正確には雨の日に部屋でゴロゴロしながらギター弾いたり、
本読んだり、テレビ観たり、音楽聴くのが好きなのです!
だから、今日はわし的に最高の音楽鑑賞日和なんですよ!ええ!
朝から妙に張り切ってたんですよ!ええ!
ま、そんな訳で妙なテンション抑えつつ、
のんびりと部屋で聴いてた中の1枚を紹介します。

13966747570.jpeg

Paul Desmond / glad to be unhappy (1963年録音)

メンバー
Paul Desmond (as) Jim Hall (g) Gene Wright (b)
Gene Cherico (b,2) Connie Kay (ds)

本来なら"雨音を聞きながら聴く"と云う事で、
デュオやドラムレスの音源を選ぶところですが、
あえてカルテットのコレです!
何故かと云うと、まぁ見れば一目瞭然ですがジャケットですね。
ジャケットの女が傘持ってるからです。(⌒▽⌒)
(ここで「ほんに単純な男よのぉ~お前は」とか思ってないでしょうね)
でもね、これも又雨の日にピッタリなんですよ!
まさに"雨の日のお友達"とも云えるアルバムです!
バラード中心のと云うか、バラードオンリーの選曲だけど、
ジム・ホールのソロもたっぷり聴けるし、
(全曲激カッコいいソロ弾いてます)
決してベタベタに甘過ぎる事の無い、
デスモンド特有のクールな美学が貫かれてる名盤ですよね。
潰れる寸前って感じのギターの音もかえって味があっていいし、
そしてやっぱり、ハリウッド映画のワンシーンの様なジャケットも堪らんですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



このアルバム入りの激安BOXセットもある!



最後まで読んで下さってありがとうございます。
最近結構サボってたんで今日は2回更新しました。
「偉いね、ガーシャちゃん!」とか言いながら、
バナーのクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK