FC2ブログ

どうでもいい思い出

06-27,2014

以前このブログ内でわしとケニー・バレル叔父さんとの衝撃の出会いについて書きましたが、
(この記事参照)
実はその時聴きに行ってたのがこのアルバムと全く同じメンバーのライブだったんですよ。

13977387200.jpeg

Kenny Burrell / generation (1986年録音)

メンバーはKenny Burrell, Bobby Broom, Rodny Jonesのトリプルギターに、
ドラムのKenny Washington ベースのDave Jacksonの5人。

このアルバムはヴィレッジヴァンガードで録音されてんですが、
わしが観たのはブルーノート。
友人Zと行った初めてのニューヨーク旅行でです。

でまぁ、そのトイレでの出来事は決して忘れる事が出来ん思い出だが、
もう一つ忘れられんのが、"バレルちゃんピック落としちゃった事件"。
この時最前列ど真ん中に座ってたわしの目の前に、
バレルちゃんがポロんとピックを落としちゃったんですよ。(しかも曲中に)
その瞬間バレルちゃんと「あっ」って感じで目が合ったんだけど、
しかし、そこはわしもジャズギター弾きの端くれ、咄嗟にこう思ったのだ。
「バレルちゃんはロックギタリストじゃないんだ!
大量のピックをギターやマイクスタンドに貼り付けてる訳無い!
下手するとピックはこれ1枚だけしか持ってないぞ!
こりゃ、わしがバレルちゃんの危機を救わにゃならんじゃろ!」と。

そこからはもうわしの動きは早かったね。
素早くピックを拾うと、素知らぬ顔でスっと自分のポケットにしまい、
じゃ無くて、
流れる様な動きでサッとバレルちゃんに手渡し事なきを得たのだ。
(バレルちゃんは「助かったよ…日本の若者よ…」と云った感謝の目でわしを見てた。
様な気がする)
あと、その前日も違う人のライブでドラムのケニー・ワシントン観てたんだけど、
その時と全く同じ「お、お前、それ一体何処で買ったんや!」とでも言いたくなる、
ど派手な紫(しかもサテン生地)のスーツ着てたのも思い出す。
どうでもいい思い出だけど。

んで、ライブも良かったですが、このアルバムもまぁーギター好きには堪らんですよ!
なんせギターソロが終わると又ギターソロなんだから!
しかもそれ終わると又ギターソロだし。
勿論、テーマ弾くのもギターだし、そのバッキングしてるのもギター。
当たり前ですけど。

でも、決して熱いギターバトルって感じのアルバムじゃないんですよねぇ。
かと云って、メンバーから連想する"どブルース大会"って感じでもない。
もっとこうリラックスした感じでバップチューンやスタンダードを演奏する、
小粋なジャズギターアルバムって感じです。
あと中古で買うならLP盤じゃなくてCD買って下さい。
LP未収録のメドレーが良いですから!
ま、とにかくジャズギター好きなら持っといていいです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
今日もバナークリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK