ジョンスコフィールド裏リーダー

02-23,2013

130223-0.jpg


WBC日本代表、侍ジャパンの山本浩二監督(わしの中ではコーちゃん)が、
昨日 "徹子の部屋"に出てた。
さらに今朝は"サワコの朝"にも出てた。
両番組共、プロ野球ファン以外も見る番組だ。

わしの憂いてた通り、本番も近づき、俄かに注目度が上がってきた様だ。
徹子や佐和子までもが、注目してるとは!(違うか)

しかし心配だ。どんどん世間の注目が上がってる!
優勝だけを、求められてる!
 優勝するのが、当たり前の様になってる!

だがちょっと待て。
今回はアメリカも前回よりは、やる気あるみたいだし、
簡単な戦いじゃないんだぞ! 負けても全然おかしくないんだぞ!

だから、もし無様に負けても、コーちゃんをイジメんなよ!
コーちゃんのせいじゃないんだからなぁ!
わかったなァ!(小学3年生ぽく)


話、変わります。
再発された、Hal Galperの"Ivory Forest"を聴きました。
1977年の作品。



これ、お察しの通りジョンスコフィールド目当てです。
不覚にも未聴でした。

ジョンスコ名義の"Rough House"と時期もメンバーもほぼ同じで
内容は想像ついたんだけど、(現に想像通り)
当り前だが、こちらは、ハルギャルパーのオリジナルが、メイン。

この頃のジョンスコ、ギターはお馴染みのIbanez as200じゃなく
まだGIBSON のES-335の筈です。

アンプ直(多分チューブアンプ)のクリーントーンですが、
きらびやかな感じは無くダークな音色です。

全6曲、40数分のアルバムですが、ジョンスコファンとしては、
まぁ満足出来ると思います。

特に三曲目、サンバですが、所謂コルトレーンチェンジの曲で
難しいコード進行の上で、カッコいいソロ弾いてます。
六曲目もアップテンポの4ビートで、中々ぶっ飛んでますね。

三曲目では、"モンクスムード"をソロでジャジーに演ってますし、
このアルバムまさに、ジョンスコの裏リーダーアルバムと言えるでしょう。
ファンは買って損なし!

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK