ガラパゴスな男達

08-04,2014

ちょっと4日程ブログさぼりましたが、
先週末の土曜日ライブ演ったんで記録しときます。
(今年6回目)

今回もサックス、ギター、ベース、ドラムのカルテット。
(ピアノの友人Hはまたもお仕事)

使ったギターはIbanez(アイバニーズとも読むしぃ、イバニーズとも読む) のAS200

14070500000.jpeg

で、足元はこんな感じ。

14070499800.jpeg

セットリストは、

1st

1 i  got rhythm
2 the days wine and roses
3 how insensitive (guitar trio)
4 summer time 
5 it's easy to remember
6 speak low

2nd

1 the quata
2 recado bossa nova
3 I want to talk about you
4 invitation (guitar trio)
5 moment to moment
6 bille's bounce

わし気付いたんですけどね、
このメンバー4人の内、なんと3人が今だにガラケーなんですよ!
今だに"パタン"とか音させて電話開け閉めしてんですよ。
(わし含む。サックスのI氏だけがiPhone持ってる)
でですね、
今回はお休みだったけど、ピアノの友人Hもガラケーなんですよ。
だから正確には5分の4がガラケー。
さすがおっさんの集団ですよ。
ベースのYさんなんかパソコンも持ってないですからね!
だから持ってない譜面もライブ当日手渡し。
近所のコンビニでコピー。
しかし、ある意味これちょっと凄くないですか?
こんなん今時のロックバンドじゃあり得んでしょ?
(でも、わしと友人Hは実はiPad持ってるのだ!
只し初代のだけど)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

井上智さんの新譜が出る。
タイトルからして師匠ジムホールに捧げてるのかね。



この弦の評判が案外いい。
一度使ってみようかな。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みにしてるずら!
こぴっとバナー押してくりょう!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK