FC2ブログ

軽い感想まとめて3冊

08-08,2014

ジャズ関係の本を立て続けに3冊程読んだんで、
記録がてら軽く感想を。

1冊目。
これはムック本ですね。
「Jazz The New Chapter ロバート・グラスパーから広がる現代ジャズの地平」



「21世紀以降のシーンを網羅した世界初のジャズ本」と帯に書いてある通り、
わしの大好物的コンテンポラリー系から全く興味無いどうでもいい系、
更には聴いた事もない知らん人系まで、充実の内容!
若干くどい文面だが300枚を越すディスクガイド読んでると、
まだまだ聴いてみたいアルバムは山程有る!
「こりゃやっぱり当分は死ねんぞ!」と思いました。

因みに、この本とコラボしたCDが発売されるらしい。
これもオススメだ。



はい、2冊目。
「聴いたら危険!ジャズ入門」田中啓文 著



ジャズ入門とか優しい事云いつつですね、
これはジャズの入門には一番向いてないであろうフリージャズを徹底的に語ってる本です。
確かに下手に聴いたら危険なアルバムばかりです。
入門するどころか「今後一切ジャズには関わり合いたくない!」ってなる可能性大です。
しかし、そうは云ってもこれが読んでみるとぶち面白い!
とにかく文面からフリージャズに対する愛が溢れ出てて読んでてグイグイ引き込まれるのだ。
正直わしフリーにはほぼ興味無いんですが、
この勢いのある文章読んでたら直ぐにでも聴いてみたくなりました。
一点集中マニアック系のこう云うジャズ本、わし嫌いじゃないです。

ほい、3冊目。
「ジャズの壁を超える100のアイディア」布川俊樹



これはジャズギタリストの布川さんのホームページのQ&Aコーナーと、
ジャズギターブックで連載されていたエッセイを加筆修正編集した本です。
結構前に発売されてたし、布川さんのライブでも売ってたんですが、
「まぁ読んだ事ある内容だろうし」とか思ってパスしてました。
がしかし!
古本屋にあったんで、そんな事忘れサクッと購入。
布川さんすみません。次はちゃんと新品買います。
エーット、しかしですね、
山下洋輔さんを筆頭にジャズメンって文章書くの上手い人多いじゃないですか。
(上手いって云うより、味があるとかユーモアがあるって感じか)
で、ご多分に漏れず布川さんの文章も上手い&面白い!
特にこの本の質問コーナー。
これがまことに面白い!
普通の教則本ではまず有り得ない様な質問にも毅然と答えてらっしゃる様が実にいいのだ。
この辺読んでみて頂けないと分かり辛いと思うけど、
ギター弾く上でホント参考になる事も多いし、
「わしゃギター弾かんよ」って人がただ単に読んでも面白い筈です。
是非とも第二弾希望します。

そう云えば思い出したんだけど、
大昔(30年位前)ギターマガジン紙上で連載されていた
渡辺香津美さんのエッセイもぶち面白かったんですよ。
香津美さん、またあんなエッセイどっかで連載してくれませんかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ボビーブルームの新譜です!



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
どうかバナーを押して貰えませんか?

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK