お盆は鼻息に襲われて

08-18,2014

お盆の中断期間を終わりまして今日からブログ再開します。
エーット、
早速ですが、ゴジラ観に行って来ました。

14083539780.jpeg
(行ったのはとあるショッピングモール内のシネコン)

お盆休みなんで人多いと思って前日予約して行ったんだけど、
ゴジラはそうでもなかった。(わしが観た回は4割位の入り)
だからまぁ、のんびりムードで映画が始まるのを待ってたんですが、
暫くするとわしの隣に一人の親父が。
推定年齢58歳。
中肉中背のなんの特徴も無い普通の親父。
親父は何の迷いも無くわしの横に座った。
「おいおい、おいおい、いくらでも席は空いてるのに何故にわしの横に座る?」
ガラガラの館内であえてわしの横を選ぶ親父にそう訝りつつ、
ふと先日の山下達郎ライブでの出来事を思い出した。(この記事参照)

「ま、まさかこの親父…おネェか…?」
そう思ったが、姿形、動き、及び服装持ち物、全て只の親父だ。
どう見てもおネェじゃない…
「に、匂いはどうだ!?」
そっと、おいにぃ~(匂い)をチェックした。
すると…まぁ~若干加齢臭はあるがほぼ無臭。

「あぁ…良かった。ここでまた押入れのスメルや、
おネェ的ダンスがくるとなると、
わしゃマジで自分が呪われとんのかと疑うところじゃったで。
良かった…ほんに良かった…」
とひと安心したのはいいが、それは間違いだった。
この親父、確かにおネェでも無ければ、おいにぃ~も無い。
しかし、とにかく鼻息が凄いのだ!
映画始まる前から、わしの真横で、
「スゥ~ン、スゥ~ン!スゥ~ン、スゥ~ン!」
って感じで凄まじい鼻息たててんのだ!
もうね、普通に近所の人と「こんにちは!」って喋ってる位の音量の鼻息。
普通の息の音量優に超えてる。
しかも、ただ単にそうやって息してるだけじゃなく、
ちょくちょくタン絡みの「ンゴンゴ、ンゴロロロロ、スゥ~ン!」ってのや、
深い溜息的な「スゥゥゥゥゥゥゥゥゥ~~~~ン・・・・」みたいなのも混ざるのだ。
これはキツイ…
あのど迫力のゴジラの鳴き声「ウギャァァアアアウゥ~ン!!!」
の合間から、「スゥゥゥゥゥウウウ~ン!!!」が聞こえてくるのだ。
緊迫したシーンではちゃんと「スゥ~ン…スゥ~ン…」と若干緊張気味の鼻息たててんのだ。
腹立つ事に。

更にこの親父、腰が悪いのかひっきりなしにゴソゴソと体勢変えるし、
10分に1回位の頻度でガラケー開いてメールか時間のチェックしてるし!
「あぁ…やっぱりわし呪われてる…」もうそうとしか思えんかった…
ほんま、「スンコラ、スンコラ鬱陶しい男よのぉ!」ですよ!

話戻します。
映画自体は面白かったですよ。
ってか、わしゃね、
ストーリーがどうとかは、はなから期待してないから。
こんなもんね、ゾンビ映画と一緒。
こう云う映画は、「ゾンビやゴジラで映画1本作ります」ってのがそもそもの目的なんだから。
だからストーリーや理屈は全て後付け。(多分)
極端な話どうでもいいの。
(とは云ってもストーリーもよく出来てたけど)

そんな訳で、わし的にはゴジラのデカさ。
ただ単に、「ハリウッドの最新技術でゴジラのデカさがどう表現されてるのか」
ってトコだけに注目してたのです。
で、その点では大満足でした。
とにかく一言「ぶちデカかった!」ですよ。
どデカいリアルなゴジラがスクリーン一杯に暴れ回る!
もう他になにも要らんでしょ。
まぁ若干注文が有るとしたら夜のシーンが多かったんで次回作では
真っ昼間のシーンを増やして下さいって事ですかね。
もっとゴジラをじっくりよく見せて欲しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

製造中止になったサンヨーのミュージックブースター。
逆輸入版ならまだあるんですね。
これはマジでオススメです!



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みにしております。
どうかバナーのクリックをよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK