わしらの味方

08-29,2014

10月、27年振りにスティーブ・グロスマンが来日するらしい。
するらしいけど、当然広島には来ない。
東京のみらしい。
ですから、当然行けない。
悔しい!
悔しゅ~て悔しゅ~て、やり場の無い怒りが込み上げてくる!
情けのぉ~て情けのぉ~て、じんわり涙が出てくる!
ですから、今日はこの名盤を聴きながら、
この荒んだ気持ちを落ち着けたいと思う。

14092670140.jpeg

Steve Grossman with Michel Petrucciani (1998年録音)

メンバー。
Steve Grossman (ts) Michel Petrucciani (p)
Andy McKee (b) Joe Farnsworth (ds)

いんやぁ~、これ超久々に聴いたが、
 良っいぃぃぃぃいぃいいいいいいいいいい~い!
ほんに、イイ!
基本バラッドアルバムなんだけど、
小洒落たホテルのバーやレストランでかかるだけの、
甘ったるいアルバムじゃないのがいい!
確かに聴きやすく美しいアルバムだけど、もっとこう男っぽいんじゃよね。
オシャレなバーより紫煙漂うビル地下のジャズクラブが似合うって感じ。
下手したらガード下の焼き鳥屋だって合いそう。
カクテルよりバーボン。
ワインより日本酒。
OLよりサラリーマン。
ギャルよりおっさん。
ワンレンよりゲーハ(禿げ)
ボディコンよりステテコ。
ボインよりメタボ。
なんかチョット違ってきたけど、
とにかくわしら(40歳以上の男)の味方的アルバム。

収録曲は全10曲。
本人オリジナルが1に、ペトちゃんオリジナルが1、
ベースのアンディちゃんオリジナルが1、
スタンダードその他が7と云う配分。
グロスマンの"song for my mother"や、"ebb tide"
"body and soul" や、
ペトちゃんとのデュオで聴かせるエリントンの"in a sentimental mood" など、
聴き所満載なのだが、
その中でもベースのアンディちゃんオリジナル"inner circle"が特にいい!
まさに中年男の滲み出る加齢臭…
じゃなくて哀愁。
これはもう、テナー吹いてる人は絶対自分でも演奏したくなる曲の筈です。
いや、実際テナー吹いてる人だけじゃなく、これ吹きたさに、
「ヤマハ大人の音楽教室」に通い始めたおっさんが大量に現れたらしい…
と云うのは嘘です。
でもマジにその位のおっさん破壊力がある名曲。

でまた、全編に渡ってペトちゃんがいいの!
いつもの元気でリリカルでちょっと毒もあるペトちゃん。
ちょうどこの1年後死んじゃうなんて考えられん程の熱くエネルギッシュなプレイ。
全曲感動的なソロ弾いとりんさります。
因みにペトちゃん最後のスタジオレコーディングでもあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



もう一枚。
チャーリー・ヘイデンとジム・ホールのデュオが出る!



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みにしてます。
応援のバナークリックをお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK