教則本

10-21,2014


この間、古本で買いました。



ヤマハミュージックメディア発行の
「ジャズ・ギター そのまま使える最強フレーズ 増補版」と云う本です。

これは所謂IIーⅤのフレーズ集ですね。
チャーリー・クリスチャンからカート・ローゼンウィンケルまで、
幅広いスタイルのフレーズを全てキーC(Cm)で書いてあります。
マンネリ打開に中々良さそうです。
何より安かったし。

しかしアレですね、今はこの手のフレーズ集って沢山出版されてますが、
実は、こう云うフレーズは幾ら憶えても、
その前後のフレーズが作れなかったら全く意味無いんですよね。
それがしっかりしないと、
いきなりⅡーⅤ部分だけエライかっこ良いフレーズ弾いちゃう事になる。
そうなるともう如何にも「これ最近マスターしました」「昨日仕込みました」
ってな感じになって 逆に非常ぉ~にカッコ悪い。
布川さんもどこかで書いてたけど、ⅡーⅤフレーズの前に、
スケール一発でいいから、とにかくアドリブで歌える様にならんといけんのでしょうね。
本のフレーズ憶えて弾けただけじゃダメなんですよね。
その前後が大事。
自分のフレーズに上手く溶け込ませる。
まぁ、そう云った意味ではこの手の本は全て中級者以上向けとも云えます。
わしも一生勉強です!
頑張ります!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後まで読んで下さってありがとうございます。
そしていつもバナークリックして頂き感謝してます。
更新の励みになります。今日もクリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


音楽 ブログランキングへ

COMMENT

ガーシャ様、お久です。
アクティブなライブ活動ですね。
私も昨晩はセッションで、来月早々ライブ。

フレーズ集の記事、ジャズギタリストあるあるで読みました。
山ほど載っている本をみると、思わず宝の山か!
と感じて買ってしまうのです。
でも、いきなり50も100もフレーズストックできない。
ま、10個くらいレパートリーに加えられればと思い練習。

が、おっしゃるように、本の2-5フレーズを現場で弾くと、
いかにもとってつけたようになるのですよ。
結局、散々弾いて体に染み込んだ2つか3つのフレーズ位が
やっと引き出しにしまわれるということで、
効率悪うー、と感じることに‥‥
2014/10/25(土) 07:47:40 |URL|AKI #- [EDIT]
お久しぶりです!

僕もいろいろな教則本を齧りましたが、
最終的には自分の耳を使うのが一番だなと実感しました。
方法は人それぞれですが、たくさんレコード聴く事はとても大切ですよねw
2014/10/25(土) 12:41:07 |URL|seco #- [EDIT]
AKIさんも来月ライブですか。
それは楽しみですね。

フレーズ憶えても上手く使えなかったら意味無いですからね。
僕はあくまでも参考にしながら自分なりの節回しを考えるようにしてます。
が、そうは簡単に上手くは行きません。
2014/10/25(土) 14:16:21 |URL|ガーシャ! #- [EDIT]
secoさんご無沙汰です。
そうそう!そうなんですよ。
レコードを沢山聴くのはとても大事だと思います。
細かいフレーズよりももっと大きく感じる。
構成とか流れとか。
セッションなんか行くと、
余りレコード聴いて無い人は分かりますよね。
2014/10/25(土) 14:19:24 |URL|ガーシャ! #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK