激突!

11-07,2014

先日BSで映画「激突!」をやってたんで録画した。
小学生の頃から何度も何度も観てるんだけど、
吹き替え版だって事でまた観てしまった。



基本これまでは洋画はオリジナル音声に拘って観てたんですけどね、
数年前から映画館でも吹き替えがあればソレ、
レンタルDVDでももっぱら吹き替えモードにして観てます。
もうね、老眼が進んでからは小っちゃい字読むのが面倒臭いの。
それに寝っ転がってボーッと観る分には吹き替えの方が楽だし。

そう云えば、近頃はこの吹き替えに何のバーターかプロモーションかは知らんが、
やたらお笑い芸人やアイドル俳優を起用しとるがね、
是非ともアレは止めて頂きたい。
そりゃまぁーそいつが上手けりゃ何の問題も無いんだが、大概は下手なのだ。
「プロメテウス」の剛力ちゃんなんかかなり酷かった。
そもそも強引過ぎるのだ。
アレなんか使う方が悪い。
剛力ちゃんに落ち度は無いのだ。

えーと、話を「激突!」に戻します。
この映画はご存知の様に若きスピルバーグ監督の作品。
巨大なトラックに追いかけ回されるだけって云う単純な話。
会話的なシーンはほぼ無いです。
とにかく全編独り言、
もしくはそれに近い様な台詞しかない。
そんな映画だからこそ、声優の力量がより重要になるのだが、
その点、この「激突!」での穂積隆信(積木くずしの人ね)は誠に素晴らしい!
もうね、映画全編に渡って滲み出てる神経質な感んじ、
焦り感、
情けなさが、まぁー秀逸!
特にカフェで全ての客を疑ってる心の声や、
終盤の登り坂のシーンでの焦り捲った上ずった声、
ラストの半泣き状態でのはしゃぎっぷりを観て下さい。
もう逆に笑うほど素晴らしい!
そう云えばこの人、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドク役もしてたし、
わしが知らんだけで実は俳優としてだけじゃなく、実は声優としても活躍してるんかもしれん。
わし的には意地悪な教頭やってるイメージが強烈過ぎて他はよう知らんが…

でもまぁ、ホントこんないい吹き替え版観ると、つくずく思います。
つまらん話題作りの為に声優決めるのだけは止めた方がいいと。
下手すると作品のクオリティにまで関わるからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヴィック・ジュリスの新譜



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みにしてます。
今日もバナークリックをよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

BSはいい映画やってて、私も録画して観てます。
ジャズは新しモノばかりですが、映画は古いものがいいですね。
これ、『警部マクロード』のデニス・ウィーバーが主演ですね。
最後のシーンがいいです。
木の枝を擦ってトレーラーのタイヤが止まるシーンと、
えらいことをやっちゃった、という感じのデニスの演技が忘れられません。
2014/11/09(日) 12:24:08 |URL|Izu-Ocho改め波 平 #- [EDIT]
Izu-Ochoさん改め波 平さんどうも。
波と平の間は全角?それとも半角?
空けた方がいいんでしょうか?
2014/11/10(月) 01:33:31 |URL|ガーシャ! #- [EDIT]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/11/10(月) 19:57:43 || # [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK