レンタルスタジオに行ってきた

01-13,2015

先日二十数年振りに所謂レンタルスタジオと云う所へ行ってきた。
ピアノの友人Hとデュオでリハをしたのだ。

ってかですね、
当初はベースのY氏と2人だけの予定だったんだけど、
その日ピアノの友人Hのお仕事がお休みになったんで、
それじゃ~ドラムレスのトリオで演ろうと云う事なり、
それが当日になってY氏に急用が入ったってんで、
急遽ピアノとのデュオになったのです。
最終的に友人Hも来なくてわし一人になんなくてホンマ良かったですよ。

で、手振れ写真で申し訳ないんですが、
スタジオの中はこんな感じでした。

14209438500.jpeg

近頃では珍しくアップライトですがちゃんと生ピアノ置いて有るのがポイント高いです。
下手すると今広島市内では、ギターアンプ、ベースアンプ、ドラムセットもあって、
更に生ピ置いてるって貸しスタジオ無いかもしれんけんね。
と云いつつ、まぁーよぉ〜分からんが。

でですね、このスタジオの面白い所は
普通の住宅街にある普通の家だと云う事。
普通の木造の家を改造して作っとるのです。
だから、普通に玄関で靴脱いで入ります。
わしゃ、入る時思わず「お邪魔します」と言ってしまいました。
(当然帰りは「お邪魔しました」と言った)
そしてスタッフの方は対面式カウンターキッチンの中に座ってます。
勿論、人も住んでます。
一階部分は完全にその人の住居のようでした。
玄関前のスペースにはチャリとかもあったし、生活感出まくってた。

でもですね、部屋に入るとそこは完全防音の立派なスタジオなんですよ。
置いてある楽器類も立派。
そして、貸しスタジオ独特のあの匂い!
久々にギターケースを開けた時の様な、
もしくは、ついさっきまで中年オバハンの集団が2時間籠ってカラオケ熱唱してたかの様な、
何とも云えん酸っぱい匂いもしっかり立ち込めとります。

しかし、わしゃ何故かあの匂いに萌えた。
「あっこの匂いって…」て感じで、
高校時代のバンド活動を思い出しキュンとした。
真夏にパンツ一丁、汗だくで練習してたヘビメタドラマーP宅の手作りスタジオも思い出した。
(ありゃむちゃくちゃ酸っぱい匂いだった)
だからわし的には中々に居心地のいい空間だったし、
リハも中身のある充実した物になった。
セッションで何もかも忘れ、ただ単に楽しく弾きまくるのもええが、
やはりあれこれディスカッションしながら演奏するのは得る物が多い。
これは是非とも友人HやY氏に付き合って貰ってこれからも続けたい。
で、その時はこのスタジオがええ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久々のジェシ・ヴァン・ルーラー!
新譜の予約が始まったぞ!



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
どうぞバナークリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


音楽 ブログランキングへ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK