カッコいいんだからぁ~

04-01,2015

先日のラーゲ(Lage Lund)の新譜もぶり良かったが、(この記事)
このジェシ・ヴァン・ルーラーの新譜もまぁ~!
とにかく!とにかく!
ぶちカッコええのです!

14274114350.jpeg

Jesse Van Ruller / phantom ~the music of Joe henderson
 (2014年録音)

パーソネル
Jesse Van Ruller (g) 
Clemens Van Der Feen (b)
Joost Van Schaik (ds)

しかもラーゲに続いてこちらもギタートリオ。
ジェシのギタートリオアルバムは11年振り。(ギター、ドラム、ベースの)
タイトル通りジョーヘンのオリジナルを集めた(1曲除く)アルバムです。

はい1曲目!
ジョーヘンの初リーダー作(ページ・ワン)収録の"jinrikisha"
オリジナルでは2管で重厚に聴かせるがジェシはギター1本で見事に表現。
ラテンぽいリズムとスイングビートが交互に現れる構成がカッコいい。
テーマ後、アルコのベースソロからギターソロへと云う流れ。
ゆったりと歌いつつ時折速いパッセージをさり気なく挟み込んでくるジェシちゃん。
リズムの粘りが凄い!
まさに黒いジェシって感じ。

2曲目は"a shade of jade"(モード・フォー・ジョー収録)
ファースト4ビートで演奏される。
雪崩れ込んでくる様なこの疾走感!
ケツがムズムズしてくる様なこの煽られ感!
これですよ!これ!ジェシの魅力は!
んもぉお~たまんねっすぅぅぅうううう!!!

3は"black narcissus"
(パワー・トゥ・ザ・ピープル収録)
ミディアムスローのモーダルなナンバー。
このアルバムでのジェシの使用ギターはギブソンのES150D
335のボディを分厚くしてフルアコにした様な珍しいギター。
コレがまぁ~粘りの有るぶっといええ音出しとるんです。
で、それ持って何気にトリッキーなフレーズを決めるジェシちゃん。
いいな。 

4曲目は「イン・ン・アウト」収録の複雑怪奇な難曲"punjab"
しかし当然の事ながらどんな難曲だって見事に歌い切るジェシちゃん。
いいなぁ~。

ほい5曲目はマイク・モレノも演ってた"isotope"
(インナー・アージ収録)
コレもまぁ~ぶっち!ぶっち!ぶっち!ぶっち!
(ここで目を閉じ息を止め5秒我慢)
カッコええんじゃぁ~~~~い。(吐息をつく様に)
「ブルースだけどそう単純にはしないよ」と呟くジェシちゃんが目に浮かぶ。
短いけど仰け反る様なプレイ聴けます。

6曲目。
これのみケニー・ドーハムの曲で"la mesha"
(ページ・ワン収録)
こう云うバラードを演奏するジェシも魅力的だ。
リリカルでいて骨っぽい。
ダンディズム溢れる名演。

7
ど変態ブルース"tetragon"
この面倒臭いコード進行でも流れる様にフレーズを繋いで行く。
ほんに上手い!
いいなったら、いいなぁ~。
あっソレ~!
(バレリーナの様な回転を始める)

8も「イン・ン・アウト」から"serenity"
ここでも伝統的な響きとコンテンポラリーな響きを両立させた素早いソロを展開。
この辺りのバランスがいいんだな、この男は。

そしてラスト9曲目はアルバム「インナー・アージ」からタイトルナンバー"inner urge"
メカニカルに蠢くこの感じ!
力強くガツガツくるこの畳み掛け感!
これ間違いなくハイライトナンバー。
まぁ~カッコいい。

内容は大満足!
しかし総収録時間45分弱。
うぅー短か過ぎじゃわい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新たな名盤誕生。コレです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みにしてます。
今日も応援のバナークリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK