ゴリゴリな人

04-06,2015

先週末、ずっと買い逃してたジャズギターレジェンズのvol5
"パット・マルティーノ"を近所のショッピングモール内の某大型書店で購入した。



しかし、これ発売予告されてから一体何ヶ月延び延びになったんじゃ?
すっかり忘れた頃にやっと発売された。
まぁこんな売れそうもない本を出版してくれるだけで、
とても有難いんで一切文句は言いませんけど。

で、週末この本読んですっかりパット・マルティーノモードに入ってるんで、
今日は当然マルティーノちゃん大会。
コレを久々に引っ張り出してきた。

14282923160.jpeg

Pat Martino / think tank (2003年録音)

Pat Martino (g) Joe Lovano (ts) 
Gonzalo Rubalcaba(p) Chrictian McBride (b)
Lewis Nash (ds)

怒涛の豪華メンバーを従えてのコルトレーントリビュート作。
「マルティーノちゃんのベストアルバムは何?」と聞かれ、
コレと答える人は少ないかもしれんが、
わし的には復帰後のアルバムではピカイチの内容だと思ってる。
先ず1曲目で早速やられる。
ハロルド・メイバーン作の"the phineas trane"
高速4ビートに乗ってまさにギター版コルトレーンとでも云うべき
流れる様なフレーズをゴリゴリと浴びせかけてくる。
ほんま息しとんのかい!
浮遊しまくるゴンサロちゃんのソロもカッケー!

2曲目はタイトル曲。(マルティーノ作)
ハードボイルドなマイナーキーのミディアム4ビートナンバーで、
コレがまぁ~クソかっこいい!
ほの暗く問答無用にアウトしていく!
強引な迄にゴリゴリ弾き倒す!
続くゴンサロちゃん&ロバーノちゃんのソロも秀逸!

半音進行が強烈な3曲目もマルティーノ作。
ここも高速4ビートでガンガン来ます!
嫌でも来ます!
逃げても追っかけて来ます!
ゴリゴリ来ます!

4曲目はピアニストのジム・リドル作のバラード。
ゴンサロちゃんとのデュオで演奏される。
これはまさに大人の男同士の対話の様な演奏。
下品な広島弁を操るおっさん達(わし含む)ではこうはならんじゃろ。
ダンディなマルティーノちゃんだからこそなのだ。

5曲目はコルトレーンの"africa"
まさに暗黒大陸って感じの曲調でマルティーノちゃんはじめ
ゴンサロちゃん、ロバーノちゃんとEペダル上でフリーキーに暴れ回る。

6曲目もマイナーキーの高速4ビートナンバー(マルティーノ作)
ここでもまぁ~嫌と云う程ゴリゴリのソロを聴かせてくれる。
ほんまカッコええわい!

7
男の哀愁漂うマルティーノ作のバラード。
ギター、ピアノ、サックスのトリオで演奏。
いい!
男臭ささがハンパない。

そしてラストもハードボイルドな高速4ビートで〆。
(サックス奏者のジョー・フォード作)
この溢れ出る熱気!
こう云うアルバム聴くと、やっぱマルティーノちゃんってビル地下(しかもニューヨーク)
のジャズクラブが似合うと思うんじゃが、
どうでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

絶対的オススメ。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みにしてます。
今日も応援のバナークリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK