アレが好きならコレも好き

05-07,2015

ここ数年爆睡が出来ん。
(ここで云う爆睡とはぐっすり10時間位寝る事)
いくら寝不足でも最大7時間で目が覚めるのだ。
丸々1日寝てなくてもだ。
まだまだ眠りたいのに眠れない。
そして必ず昼間眠くなる。
コレはもう年取ったから仕方なんじゃろうが、
同い年のわしの連れは時間さえあれば何時間でもグースカ寝てるから
それだけが原因なのかどうかはよくわからん。
しかし、一度でいいからわしもあんなに気持ち良さそうに、
悟りきったETみたいな顔して眠りたいもんだ。

とまぁそんな訳で昨日早寝したので今日も朝5時に目が覚めた。
(正確には4時50分)
そしたら見事な大雨だったのでコレを聴いた。
雨の日恒例のデュオものだ。

14309505130.jpeg

Charlie Haden & Antonio Forcione / heartplay (2006年録音)

アントニオ猪木じゃなくてアントニオ・フォルチオーネはスペイン人ギタリスト。
スペイン人らしくナイロン弦のアコギのみで勝負してる。

チャーリー・ヘイデンとギタリストとのデュオと云えば
メセニーとの"Beyond The Missouri Sky"を思い出すが、(この記事参照)
まぁ、このアルバムも概ねそんなムードです。
どっしりとした優しいヘイデンちゃんのベースにアコギがそっと寄り添う。
あれが好きな人は間違いなくこれも好きな筈。

収録曲は全部で8曲。
ヘイデンちゃんオリジナルが3曲(la pasionaria , silence , for turiya)
アントン(猪木のアダ名風に言えば)ちゃんオリジナルが4曲。
そしてFred Hershの"child's song"
朝5時とは云え広島はまだ暗い。
そんな中、雨音と共にコレを聴くと非常にいい感じだ。

そう云えば、アントンちゃんは「アコギ界のジミヘン」とか呼ばれてるらしい。
しかし、ここでそんな激しいプレイはない。
あくまでも音数少なくほんわかと暖かい。
コレに比べたらBeyond The Missouri Skyでのメセニーの方が
よっぽど派手に弾いてると感じる程だ。
メセニーみたいにあれこれ色んなギター使ってないし、
ギターシンセも無し。

それにしてもこうやって改めて聴いてみると
1曲目のアントンちゃん作の"anna"はほんにメセニー曲にクリソツだ。
Beyond The Missouri Skyに入ってても何の違和感も感じないだろう。
しかし、間違いなく名曲!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みにしてます、
応援のバナークリックをよろしくお願い致します。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

わかる!わかるでーっ!今やワシも二桁睡眠なんで全然出来ん。それどころか寝過ぎると腰が痛くて目が覚める。そんで夜更かしがまったく出来なく成った。しかし早起きはまったく苦にならん。

そういや〜、むかし、昼過ぎ迄寝てたら、うちの婆さんに「いつまで寝とんじゃい!目が腐るでーっ」と、ののしられ、「お前は夜9時には布団に入っとるから早起き出来るんじゃい!どうせ同じ8時間寝とんなら、家族の皆とリズム合わせんかい!!!お前こそ明日から11時に寝ろ!」と、寝ぼけまなこで吠えたの覚えとるど〜
2015/05/07(木) 15:49:13 |URL|ラバオ #TAgeFoVU [EDIT]
ラバオよぉ〜お前も年取ったんじゃのぉ
(当たり前じゃが)
ラバオにミラオ、
そして犬のサン。
懐かしいのぉ~。
2015/05/07(木) 19:06:39 |URL|ガーシャ! #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK