萩へのビータ

05-25,2015

つい2週間程前のこのブログで「花燃ゆ(NHK大河ドラマ)が全然面白くない!」
と書いたばかりで何なんですが、萩までドライブに行ってきた。

広島から萩までは、
かなりのぉ~んびり走って(途中弁当も食ったりして)約3時間半。
「"花燃ゆ"全く面白うない」と云いつつ
最初に寄った道の駅"萩往還"で早くもテンション上がってくるわし。
気がつくと自然と"花燃ゆ"オープニングテーマを朗々と口ずさんでいた。
(結構な大声で)

まず向かったのは"松陰神社"

fc2blog_20150525085219b23.jpg

松下村塾前に立つと自然と気が引き締まる。
維新の志士になった気分だ。
オープニングテーマを口ずさむわしの声にもどんどん張りが。

fc2blog_20150525085328157.jpg

fc2blog_201505250854350c0.jpg

fc2blog_2015052508541570c.jpg

そして次に向かったのは博文ちゃんち。(伊藤博文の事ね)

fc2blog_20150525085456748.jpg

fc2blog_20150525085516123.jpg

ここで事件はおこった。
連れがiPadを松陰神社のトイレに忘れてきたと言うのだ!
この人はドライブに行ったらひっきりなしにトイレに行くのだ!
常にトイレを探してるのだ!
そしてこう云うヘマをちょくちょくやらかすのだ。
わしは焦った。
あぁ、もうiPad誰かに持ってかれちゃったかもしれん…
あのiPadはもう帰って来ない…と。

二人して小走りで駐車場に戻った。
焦りまくって車を出す。
そしてふと助手席のダッシュボードを見た。
するとそこにチョコんとiPadが…
そういやぁ、ここまで(博文ちゃんち)まで来るのに、
iPadのMAP見ながら来たんだった。
完全に忘れてた。
焦って損したわいっ!(^∇^)
しかしこんな事を忘れてるとは年ですかね?

そんなこんなで冷や汗をかきながら次に向かったのは
玉木おじちゃんち。(玉木文之進の事ね)
こんな感じね。

fc2blog_2015052508563913a.jpg

そしてそこから300メートル程山を登った所にある松陰先生生家跡に。
そこには金子ちゃん(金子重輔の事ね)と松陰先生の銅像が。

fc2blog_2015052508570715e.jpg

その横の墓地に松陰先生達のお墓がある。

fc2blog_20150525085824d29.jpg

松陰先生の墓

fc2blog_20150525085722bac.jpg

久坂玄瑞の墓

fc2blog_20150525085810a86.jpg

高杉晋作の墓

fc2blog_201505250857568f7.jpg

お次は東光寺へ。
ここは初めて来たが素晴らしい所だった!
毛利家のお墓群がまるで古代遺跡のような雰囲気を醸し出しているのだ。
これは絶対に行くべき!

fc2blog_20150525085842aae.jpg

fc2blog_201505250858562a7.jpg

そして再び車に乗り込み移動と云う所で第二の事件は起きた。
小さな川沿いの道を
「綺麗で感じのいい道じゃねぇ~(⌒▽⌒)」(わし)
「ホントにねぇ~(^_^)歩いても気持ち良いじゃろうねぇ~(^_^)」(連れ)
と云う感じで気持ち良く走っていたら突き当たりが塞がっていた。
車は通れん道だったのだ…
そりゃ気持ち良い筈だ、遊歩道なんだから。
当然Uターンなど出来ない道幅なんで数百メートルバック。
二人して首が痛くなった。

やっとの思いで向かったのは"花燃ゆ大河ドラマ館"
(明倫館内にある)

fc2blog_20150525085912ab2.jpg

つい2週間前は「絶望的に面白くない」と語っていたわしだが、
やっぱり来たかったのだ。
しかし同じ様に面白くないと云いつつ来てる人多いと思います。
そしてここでも勿論口から出るのはオープニングテーマ。
ノリにのってるわし。

そこからまた車に乗り城下町方面に移動。
ぶらぶら&トコトコ歩く。

fc2blog_20150525090022bbc.jpg

ここは晋作ちゃんち。(高杉晋作の事ね)

fc2blog_2015052509000304a.jpg

観光客がレンタルサイクルを次々と壁沿いに停める。
友達の家に遊びに来た小学生のチャリと云った雰囲気だ。

ここは孝允ちゃんち。(木戸孝允の事ね)

fc2blog_20150525090057272.jpg

至る所に甘夏が植えてある。

fc2blog_2015052509003804f.jpg

そい云えばこの辺りで夏みかんソフトを食べたんだがコレが激ウマだった。
しかし受け取った瞬間食い始め写真を撮るのは忘れた。
いつもの事だが、卑しい男だよわしゃ~…
ま、とにかくこれから行く人は絶対食うべし!

そこから萩城跡へ。気分は毛利敬親。

fc2blog_20150525090112e1d.jpg

更に車で海岸沿いを走ったり、萩駅行ったりした後
晩飯食いに某焼肉屋に行った。
わしは観光地で敢えて地元密着型焼肉屋に行くってのが大好きなのだ。

fc2blog_20150525090130ebc.jpg

写真をご覧下さい。
萩の焼肉屋が全てそうなのか、
それともこの店だけのスタイルなのかは定かでないが、
ここの焼肉はジンギスカンスタイル。
注文した肉は全て大皿に盛られモヤシと共にやってくる。
不思議だな…と思いつつそれらを少しずつ鉄板に乗せて食ってたら、
店のおばちゃんがスススス~とすり足でやって来た。
そして「どんどん鉄板に乗せろ」と指示してくる。
ってか、
指示どころか自ら大皿と箸を取り上げ、
肉所有者のわしに何の断りも無くそこにある全ての肉を鉄板に乗せた。
(モヤシと共に)
当然どんどん肉は焼ける。
どんどん食わなきゃいけない。
でもそんなに一気に食える訳がない。
案の定中には焦げ始める肉もある。
「味が付いてるから早く食べないと焦げるよ」とかおばちゃんは云うが、
「だからわしは少しずつ焼いてたのだ」とは言えない…
どうも「素早く全てを焼いて素早く全てを食え」って方針の店らしい。
合わん。
わしは肉一片一片を我が子を育てるかの様に手塩にかけ焼き上げ、
じっくりと味わって食べたいのだ。
ここの方針とは合わん。

それにここはタレをくれないのだ。
と云うか、
正確にはタレ下さいと云っても直ぐ忘れてるのだ。
しかし、そもそもタレって普通テーブルに置いてないか?
好きなだけ使えるでしょ?普通。
それがこの店では最初に小皿に入れたのくれただけ。
追加は申告しなきゃ貰えないシステム。
物凄いストレス。
焼肉食っててタレが無いストレス程辛いもんは無い。
よってわしの評価20点。
しかし、何度も云うが萩ではコレが普通なのか?

焼肉に満足出来なかったわしは帰り寄り道して山口県は岩国市の山賊に行った。

fc2blog_2015052509014485c.jpg

山賊焼きに餃子、
山賊タオル(これオススメ!300円)、
カルビーポテトチップス山賊焼き味を買ってやっと落ち着いた。

fc2blog_20150525090158500.jpgタオル

fc2blog_20150525090211a9a.jpgポテチ

なにわともあれ萩は素晴らしい所だった!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジェームス・テイラーの新譜が出る!



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みになります。
バナーのクリックをよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

萩は行ったことあります。自転車でまわりました。すごく日差しが強い印象がありますね。
2015/05/27(水) 23:18:38 |URL|ならば #- [EDIT]
ならばさん、流石色々行ってらっしゃいますね。
萩もお仕事でですか?
羨ましいかぎりです。
2015/05/28(木) 01:29:25 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK