影の主役

06-12,2015

もしかして広島は梅雨明けしたんだろうか。
昨日と打って変わって鬱陶しい程の快晴。
蒸し暑い。
だから今日は鬱陶しい程コテコテ、アウトしまくるゲーハー、
ジョンスコ(ジョン・スコフィールド)参加作を聴く。

20150612173347b55.jpg

Shortcuts Jazzpar Combo 1999
Ulrik Scofield Danielsson Erskine (1999年録音)

Hans Ulrik (as,ts)
John Scofield (g)
Lars Danielsson (b)
Peter Erskine (ds)

かなりの強力メンバー!
(と云いつつリーダーハンスちゃんの事はほぼ何も知らんが)
収録曲も全てメンバーオリジナル。
(ハンス2曲、ダニエルソン1曲、アースキン2曲、ジョンスコ3曲)
所謂ウォーキングベースの4ビートは1曲だけですがジャズ度高し。
と云うか正真正銘のジャズ。
音的にはジョンスコのブルーノート時代の諸作を思い浮かべて頂ければそれ正解。
4ビートは無くとも濃厚でジャジーなムードに満たされとります。
そんな中ジョンスコは全編に渡っていつもの様に、
コテコテ、ゴリゴリ縦横無尽に弾きまくっとります。
聴いてるだけで汗が噴き出してくる程キレッキレです。
これはもうジョンスコがほぼ主役。
ジョンスコの裏リーダーアルバムと言っても差し支えないでしょう。
この蒸し暑さの中、大音量で聴くと確実にトリップします。
ジョンスコ好きならマスト。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みにしてます。
今日もバナーのクリックをよろしくお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK