遠慮無き男

06-25,2015

昨夜今年9回目のセッションに行ってきた。
去年に比べ若干ペースが落ちている。
でもまぁ、こんなもんか?

20150625114448e40.jpg

持ってったギターはアイバニーズAS200
そしていつもの様にセッション用BOSSのボード。
(後ろにボンヤリ写ってる奴)
もはやセッション現場でも中心メンバーになったわしには遠慮は一切無い。
ステージ上にドーン!とボードを置いている。
人が演奏してる時も置きっ放し。
と云いつつ案外大袈裟なんで若干恥ずかしく、
最近小さなマルチが欲しいなと思っておったんじゃが、
何と先日のジョン・パティトゥッチの来日時、
スティーブ・カーディナスが同じボード使ってるのが判明。
(ブログ友達バカラッシュさんのブログ内に写真があった)
再び猛烈に愛着が湧いてきたのだ。
しかも昨日初めて会った人に
「セッションでボード繋いでる人初めて見た」と感動されたし。
(あくまでも感動です。非難ではなかった筈)
因みにカーディナスちゃんボードの中身はBOSSのチューナー(わしと一緒)
アイバニーズのTS-9
残り一台が多分BOSSのデジリバRV-5
殆ど中坊。(どうでもいいでしょうがわしの中身についてはこの記事参照)

参加者は多くはなかったが、かといって少なくもなく。
しかしメインは、濃厚ど熟女ヴォーカル軍団。
わし最初は歌が始まるとスーッとフェイドアウトしてたんじゃが
中々そうも言っておれんので、
なんだかんだで最終的には歌伴も5曲弾いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレで貴方もスティーブ・カーディナス




リッキー・リーの新譜出ました。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
更新の励みにしてます。
バナーをクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村


音楽 ブログランキングへ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK