きっと満足

11-02,2015

ロテム・シヴァン(?)の新譜。
2週間程前届きました。

20151102151445bbc.jpeg

Rotem Sivan / A New Dance (2015年録音)

Rotem Sivan (g)
Haggai Cohen-Milo (b)
Colin Stranahan (ds)

Daniel Wright (vo,8)
Oded Tzur (ts,10)

デビューから3年で3枚目のアルバム。
今作もコンテンポラリー系ジャズギター好きには堪らん出来になっとります。
収録曲は全10曲。
総収録時間も同様に短い。(45分少々)
46分のカセットテープに入ります。
以上!
終わり。
と云うのもなんなんでもうちょっと詳しく。
中身は中東ムード(行った事はないけど)のオリジナルに
(今作ではタイトル曲の1や、4、6、9辺り)
1分位のインタールード的なナンバー(2)
ギターソロらしいソロが無い曲(5)
スタンダード及びジャズメンオリジナルなど。
("angel eyes" "I fall in love too easily" "in walked bud")
概ね前2作と同じ感じです。
が、なんと今回はヴォーカル入りのオリジナルナンバー(8)が1曲入っとります。
(コレがほら、フォーキーでジャジーな今時のあんな感じの中々良い曲なのです)
それとベリースローの"I fall in love too easily"ではテナーが入る。
(コレもいい!)
ギターは今作が一番弾いてる感じですかね。
どんどん遠慮無くなってきました。
柔らかいピッキングで滑らかに弾きまくる。
繊細な表現も素晴らしい。
相変わらずぶっーち上手い!
そしてやっぱどこか同郷のギラッドに似てる。

最後にわしが気に入った曲。
独特なスタイルで弾きまくるタイトル曲の1に変拍子の9曲目。
ゆったりとした曲調ながらクールに燃える4曲目。
16ビートに乗ってカート系の歪みサウンドでハードに迫る"Angel eyes"
ギターシンセ系エフェクト(エレハモのhog とかpogとかか?)まで使って、
コンテンポラリーなフレージングをこれでもかとかましてくる"In walked bud"
この辺りでしょうか。
とにかくカッコ良く弾きまくってます。
コンテンポラリー系のギターがお好きな方はきっと満足するでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。(右はダウンロード版)



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK