現場からお伝えします

11-21,2015

昨夜の広島市内は"ドリミネーション"(平和大通りをライトアップする事業)
加えて市内中全ての飲み屋のオネエちゃん達が
一斉に同伴を求めてくる"えびす講"(商売繁盛の祭り)
更にその上金曜日と云う事で物凄い人出に車だった。

と、ここで話飛びますが、
"流川の四番打者"あるいは"薬研掘の得点王"
と云われたわしが長年あの街で感じた経験で言うと、
同じ金曜日でも給料日直後よりも直前の方が遥かに人出は多いのだ。
これは多分「週明けたら給料日」と云う気持ちから財布の紐が緩くなるからでしょう。
赤ら顔で笑ってるおっさん達見てたら確信します。
「あぁ、この人達今緩んでるな」と。
給料日直後は
「次のおこずかいまでまだ先は長い。だから今は余り無駄使いはせんぞ!」
と強く思ってるから案外シブチンなんですよ。

話戻ります。
でまぁ〜わしゃ、いつもの店のセッションに参加する為出かけたのだが、
そんなこんなでまぁー鬱陶しかった。
だいたいがね、わしゃ人混みが大嫌いなんですよ。
人に酔うのです。
と云いつつセッション前
わしも連れと待ち合わせして平和大通りを1時間程散歩したんだけど。
(店は平和大通りのすぐ近くだから)

20151121091939235.jpeg

20151121091941faf.jpeg馬車も。

20151121092237303.jpeg

で、それから連れは帰りわし一人で店へ向かった。

20151121092148163.jpegギターはAS200

この日のホストは長い帰省から帰って来たスペイン人ピアニストのJちゃん。
久々のJちゃん登場にこの人出だ、
「こりゃぁ今夜はパンパンのフルハウスでマスターも大笑顔でホクホクじゃろう!」
と思ってたんだけど、パンパンじゃなくてソコソコだった。
店の外は凄い人出。でも中は普通。
如何に世間の人出が多かろうと、
盛り上がっていようと、
浮かれていようが、
儲かり捲っていようが、
財布の紐が緩んでようが、
ジャズの現場はこんなもんと云う事だ。(特に広島は)
しかしこれは冷静に考えれば当然なんかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またもウエスの未発表。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK