ギラッドへクセルマンと雑感シリーズ

03-22,2013

1
WBC日本代表、準決勝のあの場面。
8回の裏、1アウト1,2塁 バッター阿部の場面。
世間では色々な見解があって、
それ読んだりするだけでも面白いよね。
イチローまで発言してるし。
たったワンプレイの事でこんだけ話せるんだからホント野球は面白い!
これも江夏の21球みたいに、間違いなく後世まで語られるな。
そして、ドキュメンタリー番組とかやると、
その度に内川とかコーちゃん(山本浩二)出て来るんだろうな。
わし、これは予言する!

2
先日、始めて知ったんだけど、ミスタージャパンって
男版ミスユニバースて感じのコンテストあるらしいね。
わしそれ聴いた瞬間、ねじりフンドシに角刈りのゴルゴ13みたいな奴が、
優勝したのかって想像したんだが、普通に爽やか系の青年だったな。
そりゃ、よく考えると当たり前か。
ねじりフンドシに角刈りじゃ、違う方面のコンテストになるもん。
こっち方面じゃなく、あっち方面の…
しかし、多分、そっち方面の人もエントリーしてたはずだぞ。

3
昨日、NHKのBSで、ナベサダのライブ、放送してたんだが
ナベサダの真ん前、かぶりつきの席に異様にノッてるおっさん居たな。
もうね、ノリにノって頭をグングン揺らしてんだけど、
少しリズムとズレてるって感じの妙な動きのおっさん。
テレビで見てるわしが気になったんだから、
現場のナベサダは気になって仕方なかったんじゃなかろうか?

なんとなくだが、カメラも"カットしよう、カットしよう"ってしてんだけど、
如何せん真っ正面だから映っちゃう。これはもう仕方ない。

4
フィギュアスケートにトリプル・サルコーって技があるんだけど、
テレビで解説者がそれ言う度に、猿コーって思ってしまう。
頭ん中が、サルコーから猿コーになり最終的に猿公(えてこう)になってしまう。

以上、最近思ったくだらない事でした。

で、昨日はこれ聴いた。




イスラエル人ギタリストGilad Hekselman の "hearts wide open" 2010年の作品。
全10曲ってなってるけど、プロローグとエピローグって小作品が入ってるんで実質は8曲。
内、4曲にマークターナー参加!
他にはドラムがマーカスギルモア、ベースにジョーマーティン。
このサックスのマークターナーって人、ホント、ミュージシャン人気高いよね。
特にギタリストに。勿論、わしも好きです。

で、ギラッドですが、やっぱり上手いよ!
そして、この人も例によって静かに燃えてるって感じのタイプ。

130322-0.jpg


使用ギターは最近ヴィクターベイリーって人の使ってますが、
このレコーディングでは、いつものギブソンの'74ハワードロバーツモデル。
このギター、
一見フラットトップのアコギに見える変わったモデルなんだが、
ええ音しとんよね!
洞窟で水滴が落ちて響く様な透き通った音。凄く繊細な音。
最近のギタリストらしく、エフェクターもさりげなく使ってる。

曲は全てオリジナルなんだが、良い曲書くね。
少しメセニーぽい叙情的なECM的な感じ。
ギタープレイは勿論だが作曲の方も、影響受けてるんだろうな。


押してくれませんか?お願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

こんにちは。
マーク・ターナーは無色無臭の印象があります。そういうこともあってか、一連のFlyのやつを除くとリーダー作は寡作ですね。
2013/03/22(金) 19:12:13 |URL|平さん #- [EDIT]
平さんコメントありがとうございます。
そうですよね。もう少し出ててもおかしくないデスもんね。
性格かな?ー
2013/03/22(金) 19:33:55 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK