元気なおじさん

01-14,2016

昨年末立て続けに再発されたジム・ホールのアルバムの中の一枚。

201601140949460ca.jpeg

Jim Hall / Live In Tokyo (1976年録音)

Jim Hall (g)
Don Thompson (b)
Terry Clarke (ds)

前回CDで発売されたのは20年前らしいんで、
もしかしたら次も20年後、
もしくは今の音楽業界見てたら案外最後のCD化かもしれんですよ!
なんで興味ある方は今のうち買っておいたほうがいいかも。

LPには収録されてなかった" cocierto de aranjuez"と
"Secret love"が入って全6曲。
実はこの2曲がある意味一番カッコいいとも云えるんで
ここでもう一度言いますがLP持ってる人も買うべき。
アランフェスをギタートリオで演ってこんなにカッコ良くなるとは意外だと思うでしょう。

今調べてみるとこの時のジムホールは46歳だった。
まさに男として、ジャズメンとして、
脂の乗りまくった年齢。
サラリーマンで云えば部課長クラスか。
(ずっと平って人もいるでしょうが)
更に前年録音された名盤"Live!"と同じメンバー。
ツーカーの仲間たち。
そしてアランフェスがヒットしてたからか会場は中野サンプラザ。
ライブハウスやジャズクラブではなくロックコンサートも開催される大きな会場。
拍手からして客入りも相当良かったんじゃないか。
それだからかジムホールくそ元気。
コードソロと云うか何と云うか、
例のあのコードストロークプレイをほぼ全曲でコレでもかとかましてきます。
聴けば聴く程まぁー元気。
聴いてるわしまで元気になってくる。
わし的ベストは前記の2曲に"Chelsea bridge"
ジムホールって案外トリオのアルバム少ないし、
こんなにストレートに楽しそうなジムホールも珍しいんで、
何度も言うが興味ある方はお早目に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK