意表を突いて

02-06,2016

この前そっくりさんに遭遇したからじゃないけど(この記事参照)
今日は昨年末発売されたこれ。

2016020509310274b.jpeg

Jim Hall / Jazz Impression Of Japan (1976年録音)

Jim Hall (g)
Don Thompson (b、p6.7)
Terry Clarke (ds)

少し前紹介した"Live In Tokyo" (この記事参照)
が録音された来日時日本でレコーディングされたアルバム。
よってメンバーも同じ。
更にこれ又同じく約20年振りのCD化。
収録曲はトリオでの共作が1、ジム・ホールのオリジナルが6、
ドン・トンプソン作が1の全8曲。
ここでもエネギッシュなジムホールがたっぷりと聴けるが、
やはりライブとは違いもう少し落ち着きのある感じ。
知的なジム・ホールも満員のライブ会場とスタジオでは違う顔を見せるのだ。
ある意味当たり前なんだけど。
とにかく世間的には"ライブ イン トーキョー"に隠れて地味なアルバム扱い。
だけどわし的には元気一辺倒よりこっちの方が好きなんだなぁ。
何気に名盤なんじゃよ、これ。
だからライブだけ買うんじゃなくしっかりこっちも買って欲しい。
これも最後のCD化かもしれんよ!

で、ベスト。
そうねぇ…
1〜3曲目の流れなんか完璧なんだけど、(くそカッコいい)
ここはあえてトリオではなく、
ドン・トンプソンがピアノを弾くデュオの6曲目と7曲目にします。
聴くと「おぉっ、そうきたか!」って思うでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK