癒し系な人々

02-16,2016

メンバーの組合せの妙に釣られチャールス・ロイドの新譜を買ってみた。

20160216100723286.jpeg

Charles Lloyd / I Long To See You (2015年録音)

Charles Lloyd (ts,fl)
Bill,Frisell (g)
Reuben Rogers (b)
Eric Harland (ds)
Greg Leisz (steelg)
Willie Nelson (vo,7)
Norah Jones (vo,9)

最初に言っときますが4ビート曲一切有りません。
(収録曲はロイドオリジナル他トラディショナル等)
ビル・フリゼルのギターに絡むペダルスチールギター、
ゲストヴォーカルの人選、
そんな所からも予想つく様にカントリーと云うかフォークと云うか、
アメリカ中西部と云うか南部と云うか、
なんかそんな感じでご陽気で愉快で
且つのんびりムードの平和的アルバム。
これはアメリカではラジオでオンエアされ易いんじゃなかろうか。
だとしたら結構売れるかも。(特に上記の中西部南部辺りでは)
アメリカ横断中の車の中とかで聴くとバッチリ合いそうだ。
でも聴く人によってはコレはジャズでは無いと断言する人もいるだろう。
ジャズ的な緊張感は無いから。
しかしギターとペダルスチールギターが織り成すハーモニーがとても気持ちいい!
ほわ〜ん、くた〜んとした癒し系ハーモニー。
このアルバムの肝はこの二人。
どちらが欠けてもダメ。
誰が決めたか知らんがよくもフリゼルちゃんのみって事にせなんだと思う。
ここは手放しでグッジョブ!と褒めておきたい。
わしは基本この手のサウンドが苦手なんじゃがコレは結構気に入ったけんね。
ただしアルバム通して12曲聴いたらお腹一杯。
続けて2回は聴かなかった。
こう云うのはたまに聴くからオイシイのだ。
わし的にはヘビロテするもんじゃ無い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



リアルブックのメセニー版が出る。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

これ聴いてましたが
やはり同じような印象でしたね。
昔、カントリー、フォーク系は敵性音楽として刷り込まれてしまったので
その名残が今でもあるようです。

うさぎ島、いいですね!
2016/02/16(火) 19:07:13 |URL|J works #- [EDIT]
あくまでも時々ですね。
自分の中でメインにはなりません。
しかし昔に比べ随分心地よく聴ける様になりました。

ウサギ島是非行って下さい。
癒されますよ!
2016/02/16(火) 20:55:15 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK