Will Vinson

03-25,2013

昨日の晩御飯は、わしの大好きな豆ご飯だった。
おいしかったぁ~(満面の笑みで)

P3241248.jpg あったか~い、豆ご飯。今夜、お宅でもどうですか?おいしいよ!


話変わりまして、昨日聴いたのはこれ。
イギリス人サックスプレイヤー
Will Vinson の "stockholm syndrome"2010年作




メンバーは、Lage Lund (g) Aaron Parks (p)
Orlando LeFleming (b) Kendrick Scott (ds)
うーん、豪華メンバーだ。
このCDも本当は、ラーゲルンド目当てで買いました。
ウィルヴィンソンさんの事は以前ジョナサンクライスバーグのアルバムで
聴いてたんだが、忘れとりました。
ウィルさん、すみません。
それと、この人ギター好きなのか、その他にもマイクモレノとかとも演ってるみたいです。
最近のジャズはギターが大事にされてるから、ギター好きには、嬉しいね。
昔のジャズはギターはホント脇役だったからな。

全9曲の内4曲がオリジナル。後はラーゲの曲とかスタンダードなど。
しかし、ラーゲ目当てで買ったはいいが、
前半4曲で、ラーゲのソロはデスモンドのバラッドでチョロっとだけ。
後半は多少弾いてるけど最初はびっくりするよ。

でもね、決して目立ってない訳じゃありません。
ユニゾンでテーマ弾いたりカウンターライン弾いたり
バッキングも多彩で所謂、彩って面で大変目立ってます。
ラーゲがいないとアルバムの印象、大分変わるなと思うくらいに。
でも、兎に角ソロを沢山聴きたいって方は物足りないと思うかもしれんな。

しかし、このウィルヴィンソンやラーゲ含めて
この辺りのミュージシャンってホント、みんなクールだよね。
盛り上がっても何て云うか、髪振り乱してとか
唸り声上げてとかじゃないんだよね。
あくまでもクールに。冷静にって感じでね。
ま、それが知的でカッコいいし、新しいんだけど。
それに、こう云うスタイルのタレントもどんどん出てきてるし、
なんかわしら実は今、新しいジャズの凄くいい時代を聴いてるのかもしれんな。

最後まで読んで下さってありがとうございます。
押して貰えたら嬉しいです。

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村


音楽(ジャズ) ブログランキングへ

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK