ゾンビスクール観に行った

03-02,2016

連れはどうしても「わたしは行かない」つーんでわし一人で。



タイトルからも察するでしょうが、
「ゾンビランド」的な軽いノリのゾンビコメディです。
小学生がゾンビになって教師達が逃げ惑うと云った感じの内容。
てか、それのみ。
主演は「ロード・オブ・ザ・リング」のイライジャ・ウッド。
製作や脚本も有名な人みたいで完全なB級映画とも言えんみたいじゃが、
漂うムードはB級のそれ。
しかしわし的にはそれ歓迎。

この映画も例によって一応ウイルスに感染したチキンナゲット食べたから
と云う設定があるにはあるがそれ以外の説明は一切有りません。
とにかくナゲット食ったからゾンビになった。
で、噛まれた奴もゾンビになる。
でも思春期前の子供しかならない。
大人はならない。
理由はただ単にそう云うウイルスだから。

でまぁ、どちらにせよそんな事は置いといて話はサクサク進む。
そして気付いたら既に教師達は校舎に籠城してる。
このスピード感がいい!
「どうする!どうする!」って云う軽さがいい。
有るか無いか分からないけど「とりあえず2有るかもよ」
って感じのラストにしてるのも微笑ましい。
意味不明の日本人キャラもいい。
面倒くさい説明一切省いちゃってる所に逆に好感が持てる。
そんな感じ。
他に語る事は特に無い。
但し最後に一言。
当初「一人でノコノコ金出してまで観に行く程の物か?」
とも思ったが何気に行って良かったと思ってます。
結局わしゃつくづくこの手のしょうもない映画が好きなんだな。
コレが唯一の感想。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

渡辺香津美さん新譜!
リトナーやマイク・スターン他、
世代を超えたギタリスト達とのデュオアルバム。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK