帰ってきたピーちゃん

03-06,2016

ご報告遅れましたが修理に出してた"Peterson P100G"が帰って来ました。
(この記事参照)

2016030505303129d.jpeg

このピーターソン
今迄わしが大事に大事に使ってたおかげか症状としては大した事なかった。
よってポッド&ジャック類総取っ替えとか云う事態にはならず、
作業はアンプ内部のクリーニングと
フットスイッチのコネクター部の修理のみで僅か1日で完了。
運搬合わせて3日で帰ってきた。
で、家に帰ってきて早速試したところ
症状で一番気になっていたコントロール部やジャックのガリは一切無くなった。
これならセッティング時に大音量の「バリッ!」で驚く事は無いし
突然音が出なくなると云う事も無いだろう。
ノイズは若干残ってるがコレは最終的にはアースを取らないとダメらしい。
だから3ピンの電源コード購入。
ついでにフットスイッチ無しでリバーブを常時ON状態に出来るプラグも購入した。

20160305053033e32.jpeg

上の写真のグリーンに光ってるのがそれ。
これがむちゃくちゃ便利なのだ。
家庭でギター弾くのにいちいちリバーブとかディレイとか繋ぐの面倒臭いからね。
コレが有るとシールド1本アンプ直でOK。
(でもライブではエフェクター使うけど)
で、フットスイッチも完治したんで次回のライブからはドライブchも使える。
世間ではこのch微妙な評価だが
わし的には軽いクランチは凄く良いと思うんだがね。
まぁ、今度実戦で使ってみます。
で、気になる予算。
修理代プラス送料に電源コード、
更にリバーブプラグ全て合わせても当初の予想より随分安くつき助かった。
(でも痛いのですね)
それにしても余りにも早過ぎる対応。
実は最初に送ってきたリバーブプラグが不良品だったんだけど、
それすら翌日には新しいのが届いたのだ。
暇だったのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エフェクターブック最新号vol31



これ欲しいなぁ。マーシャル冷蔵庫。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

海外のアンプは製造元がダメになったり、代理店が変わったりすると修理が難しくて大変ですね。
私はLane6のアンプを使っているのですが、
ボリュームのガリが酷く困っています。
ヤマハに代理店が移って、修理期間の規定が変わり修理が出来無いんですよ。
どこか修理を引き受けてくれるところが有れば良いのですが、、
2016/03/06(日) 20:59:49 |URL|Bakarasche #- [EDIT]
バカラッシュさんどうもです。
最近は生きてる間にもう一台アンプ買うとしたら
国産のローランドとかにしようと思ってます。
修理に出すのも楽そうだし、何より頑丈そうだし。
今回僕は愛知県のドクターMUSICと云うところで
修理したんですけど、バカラッシュさんも一度問い合わせしてみたらいかがでしょうか?
早い対応で良かったですよ。
2016/03/06(日) 21:17:23 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK