余裕な人

06-02,2016

月が変わっても続くダグ・レイニー週間。

201606020745196e8.jpeg

Doug Raney / Blues Ballads,Bebop and A Blue Girl

Doug Raney (g)
Jesper Lundgaad (b)
Morten Lund (ds)

日本のマシュマロレコードから発売された2008年録音の作品。
以前書いたようにダグのアルバムにハズレはないが、
このアルバムはその中でもトップクラスに良い!とわしは思ってる。
そしておそらくこれがダグにとって最後のスタジオ録音アルバムになったんじゃなかろうか。
リリースから既に8年も経ってるんでそろそろ新作出ないかなと思ってたのに…
かえすがえすも残念でならん。

収録曲は全7曲。
バド・パウエルのバップナンバー(oblivion)に、モンクのスローブルース(blue monk)
ジョビンのボサ(photograph)に有名トラディショナルナンバー(dear old Stockholm)
そしてスタンダードはテンポ違いで3曲。
ファーストテンポ(this is new)バラード(little girl blue)
ミディアムスイング(who cares)
まさにタイトル通りの多彩な選曲で飽きさせない。
そして1曲の長さも7〜8分台中心でダグのソロもしっかり堪能出来る。

ダグのプレイはこうやって改めて聴くとやはり年を重ねた円熟味を感じる。
初期の頃の若さ溢れる勢いに任せた熱いプレイ一辺倒では無く中高年男の余裕。
渋味とも言える。
でもかといって年寄り臭いのかと云えばそうではなくしっかりと行く時は行く。
野球で例えると緩急をつけたピッチングと云う感じか?
違うか?
まぁ何でもいいが要するにがっついて無いのだ。
熱さと渋さの融合。
そこがいいのだ。

そんな訳でここはベストもスローの"little girl blue"にしときます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

既に廃盤。売ってるうちにお早目に。



いつも読んで下さってありがとうございます!
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK