ふーむ…な盤

06-28,2016

久々のディスクレビュー。

20160628033042238.jpeg

Boris Kozlov / Conversations At The Well (2016年録音)

Boris Kozlov (b)
David Gilmore (g)
Rudy Royston (ds)

当然ギターのデビッド・ギルモアちゃん目当てで購入。
しかもシンプルなギタートリオだ。
期待せずにはいられない。

内容はギルモアちゃん一人をフロントに置いてる事もあり
変拍子バリバリのオリジナルメインと思いきや、
予想に反してジャズメンオリジナルがメイン。(1曲のみ3人共作)
で、この選曲がごっつ渋いので面倒臭いけど記しときます。

1 Five (Bill Evans)
2 Conversation (Ch.Mingus)
3 Orbits (W.Shorter)
4 Semblance (K.Jarrett)
5 Prelude Kiss (D.Elington)
6 Eye Of Hurricane (H.Hancock)
7 Layin Genetics (O.Coleman)
8 Headless Blues (これが3人共作)
9 Pannonica (Th.Monk)

こんな感じ。

出てくる音も予想外。
変拍子バリバリほぼ無し。
4ビート中心。
勿論このメンツなんで現代的では有るんじゃが基本普通にジャズしてます。
コンテンポラリーなモダンジャズ。
しかしこれはわしにとって非常に嬉しい誤算であったのだ!
このフォーマット(ジャズチューンを4ビート)で
ジャジーに変態的に弾きまくるギルモアちゃんは超貴重だ。
スウィンギーなウォーキングベースに乗ってさり気なくハイパーフレーズを弾き倒す。
うぅぅ…カッコいい…
コレコレ、コレなんじゃよ!
わしゃ実はこう云うのを待ってたのだ。
これならば自分の演奏にも大いに参考になる。
参考になったからってこんなカッコいい事出来はしないが
「ふーむ…なるほど…」と思えなくもない。
なんとなくじゃがそんな気がする。
(あくまでも"気"だけ)
それが変拍子バリバリのオリジナルばかりじゃ参考になりずらい。
そんなの自分じゃほぼ演らんし。
よっていつものギルモアちゃんならば「スゲーな」で終わってるところが、
これならば「ふーむ…」となる。
「ふーむ…」となったからって何の意味も無いが、
まぁ〜そうなる。
あやふやじゃがわし的にそこ大事。
因みにベーシストリーダーなんでしっかりベースソロも多し。
(テーマとってる曲も数曲)
更に案外ドラムも大活躍。
そんな盤。
全ジャズギターファンにオススメ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK