引き出し多し

06-29,2016

以前ここでも大絶賛したスペイン人ギタリスト、アルベルト・ヴィラちゃんの新譜。
おそらくこれが4枚目のリーダーアルバム。
わし的大傑作の前作はトリオでのスタンダード集だったが(この記事参照)
今作はファースト、セカンドと同様のオリジナルナンバーでのコンテンポラリー作品。
メンツも内容も素晴らしい事になっとります!

201606290506542e7.jpeg

Albert Vila / The Unquiet Sky (2014年録音)

Albert Vila (g)
Aaron Parks (p)
Doug Weiss (b)
Jeff Ballard (ds)

収録曲は14曲。
えっらい多いと思うでしょうが1〜2分台の小品が5曲程あるんでそうなってるのです。
収録時間的には普通。
尚ファーストからのセルフカヴァーが2曲あります。

で、内容じゃが、
そのファーストから比べると大幅にレベルアップしてる事が瞬時に分かります。
特に技術面のそれは大きく前作辺りから格段に上がってきてる。
かなりのテクニシャン、素晴らしいです。
そして作曲面。
これはやはり今時のギタリストらしく
カート(ローゼンウィンケル)からの影響が大きいんだろうと感じる。
その辺り好きな人!カッコええ曲多しですよ!

ギタープレイの方をもう少し具体的に書きます。
前作のスタンダード集では師匠でもあるジェシ・ヴァン・ルーラーの大きな影響が伺えた。
ジャズギターブック的に言うところのネオビバップと云うスタイルで攻めて来た。
これがまぁーぶちカッコ良かったんじゃが今回はやっぱりカート寄り。
ギターも同じ(ディアンジェリコ)だし軽く歪ませた音もクリソツ。
しかしこれまたクソが3つ付く程カッコええので素直に納得なのだ。
更にマイク・モレノ的フレーズまでも随所で聴ける。
3.4曲目辺りは曲調もなんとなくモレノちゃん風でもある。
この辺の研究も怠らないのだろう。
と、こんな風に書いてるとオリジナリティの無い真似ばかりしてる奴の様に感じるでしょうが、
実際はそんな事が言いたい訳では無く、
とにかく引き出しの多いセンスのあるギタリストだと云う事が言いたいのだ。
誰々風と書くのはあくまでも解りやすくする為の例えですので悪しからず。
わしゃこの男、大!大!大好きなのだ!

え〜っと…そんな感じ。

しかし新譜、旧譜とそこそこ溜まってるんですが中々レビュー出来てません。
頑張らねば。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。コンテンポラリー系好きなら超オススメですので是非。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

オーッ、Vila!

結局、なんだかんだで、この男のアルバム全部(4枚)聴いてしまいましたが、
駄作なし、粒ぞろいです。
“Standards”は、現在入手困難になってるようですね。
いい時に買いました。
2016/06/29(水) 17:06:11 |URL|J works #- [EDIT]
Jさんどうも!
確かに駄作無し!
もっと注目されてもいいギタリストですよね。
次回作はスタンダーズ2どうですかね?
2016/06/29(水) 17:26:27 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK