好きな曲

07-12,2016

最近ライブで何度か演奏してるミッシェル・ペトルチアーニの名バラード
"Morning Blues"が収録されてるおそらく唯一のアルバム。
(ペトルチアーニ本人のアルバムと云う意味で)
86年モントルージャズフェスティバルのライブ録音です。

20160711161503bf0.jpeg

Michel Petrucciani / Power Of Three (1986年録音)

Michel Petrucciani (p)
Jim Hall (g)
Wayne Shorter (ss,ts)


昨日に引き続きこれも間違いなく「わしを構成してる」アルバムの一つである。
ただし昨日のスティーブ・カーンさんの3枚と違いこっちは先ずはLPで購入。
その後どうしても動いてるジムさん&ペトちゃんが観たいつー事でVHSも購入。
更にCD化される際の追加曲("Waltz New"に"Beautiful Love")の魅力に惹かれ
それも購入。
更に更に映像版もDVDで買い替え。
と、カーンさんが聞いたら激怒しそうな程金掛けとります。
まぁ〜それ程好きなアルバムと云う事。

上記の様のサックス&ピアノ&ギターと云う変則的な編成のトリオと、
ギターとピアノのデュオでの演奏が収められてます。
個性の塊の様な3人なのにそれが反する事なく見事に融合される究極のリリシズム。
リラックスした中に漂う緊張感。
トリオもデュオも見事。
本当に何処を取っても素晴らしい演奏ばかりなんじゃが
その中で3人で演奏されてる"Morning Blues"が特にわしのお気に入りなのだ。
ただし難しい。
難しいけどクソカッコいい。
聴けば聴くほど良さが分かる。
そんな曲。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



これはDVD。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

こんばんは、お邪魔いたします。
このアルバムは聞いたことはありません。
しかしこの変則的な編成は、非常に興味深いですね。
メンバーはそれぞれに好きなアーティストです。
このゆるい感じが非常にいいですね。
またお邪魔いたします。
2016/07/18(月) 19:39:34 |URL|jamken #zBaDG9y2 [EDIT]
jamkenさんコメントどうもありがとうございます。
このアルバム強くオススメ致します。
但し少し地味ではあります。
しかし地味ですが非常に勉強になるアルバムなのです。
3人又は2人でこの緊張感を出せるのは素晴らしいと思います。
是非また覗いて下さい。
今後ともよろしくお願いします。
2016/07/19(火) 00:27:29 |URL|ガーシャ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK