ラーゲ度高し

07-15,2016

久々視聴はデビッド・サンチェスのコンコード盤。
ラーゲ・ルンド参加。

20160715084113925.jpeg

David Sanchez / Cultural Survival (2007年録音)

David Sanchez (ts,per,vo)
Lage Lund (g)
Ben Street (b) 1-7
Hans Glawischnig (b) 8
Henry Cole (ds) 1.4.5&8
Adam Cruz (ds) 2.3.6&7
Pernell Saturnno (per) 2.8

収録曲は全8曲。
モンクの"Monk's Mood"を除きオリジナルで占められてる。
殆どの曲が非4ビートのコンテンポラリージャズナンバー。
アフロキューバン、ラテン、アフリカンと云ったリズム多く
トリッキーなリズムアレンジ多し。
しかし何処をどう聴いても純然たるジャズ。
ウォーキングベースは無くともジャズはジャズなのだ。
そしてピアノレスだけあってラーゲ度非常に高し!
無機質にスペイシーに、
更に曲によってはプログレッシブに全編に渡って弾き倒す。
ある意味リーダーのサンチェス君を喰っちゃう勢いで目立ってる。
まさにラーゲファン必聴のアルバム。
ラーゲのプレイは全ていいが、
あえてのベストを選ぶとすれば20分を超える大作の8曲目か。
ラーゲちゃん、ぶーちカッコいいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK