最強フォロワー

07-21,2016

待望のモンキーハウス新譜!

20160721093850c19.jpeg

Monkey House / Left (2016)

Don Breithaupt (vo,key)
Mark Kelso (ds)
Justin Abedin (g)
Pat Kilbride (b)

「現代最高のスティーリー・ダン・フォロワーが、
超豪華ミュージシャン達と作り上げた圧巻の4年振り新作!」
帯に書いてあるこのコピー。
まさにその通りなんであえてのわしの説明は要らん気もするが
取り敢えず少し補足的に書きます。

サウンドはまさにスティーリー・ダン。
ホーンセクションのアレンジ、女性コーラス等ジャジーでオシャレ。
思わずニヤリ。
但し曲調はもう少しポップな感じか。
似てる曲もある事はあるが、
スティーリー・ダンをもう少しライトにした感じ。
"サミュエル・パーディー"っぽく感じる曲も多し。
で、サプライズは何とジェイ・グレイドンとの共作が1曲!
(これが又"如何にもグレイドン"てな曲)
ヴォーカルはドナルド・フェイゲン程クセは無くサラッとした風合い。
しかしAORを歌う声質としてはこれはパーフェクト!
良い声だ。
そして参加ミュージシャン。
基本の音はメンバーで作りそこにええ感じのソリストやゲストを加えると云う形。
これが豪華と云うかツボを心得てると云うかまぁーセンスある人選なのだ。
スティーリー・ダンファンにはお馴染みのギタリストElliott Randall
現在のスティーリー・ダンのツアーギタリストDrew Zingg
上記のグレイドンも共作曲でクソカッコいいソロとってるし、
これはジャズファンには嬉しいが意外にもDonny McCaslinもテナーソロとってる。
他は割愛するがとにかく各曲ソロパートをしっかり取ってあり
それ系の嗜好の方もきっと満足するはずだ。
リリースから既に2ヶ月近く経つがわし宅では今もヘビロテ中。
とにかく完成度の高い作品です。
そんな訳で最後にジェイ・グレイドン参加の"Good To Live"
お聴き下さい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK