円熟な2人

08-10,2016

フィル・ウッズとヴィック・ジュリスのデュオ作。
おそらくコレがフィル・ウッズの遺作になるんじゃなかろうか?
違ってたらすみません。

20160810091834cff.jpeg

Phil Woods & Vic Juris / Song One (2014年録音)

Phil Woods (as)
Vic Juris (g)

鳥越俊太郎風に説明すると
「サラッと聴くもよし」「じっくり聴き込むもよし」といった感じでしょうか!
収録曲は全て歌モノスタンダード。(全12曲)
それらを奇をてらう事無くサラリとオーソドックスに演奏。
各曲の演奏サイズも長くもなく短くもなく丁度良い。
読書のBGMとしてもお昼寝のお伴としても申し分なし!
アルトとギターのデュオなんて地味過ぎて普通のジャズファンには敬遠されそうだが
非常に聴き易く案外一般リスナーに受けそう。
よって小洒落たカフェのBGMでもOK。
しかしそんな聴き易さだけで終わらないのがこのアルバムの良いとこなのだ。
ギターファン目線、とりわけ御自分で演奏もされてる方にとっては
じっくり聴けば聴く程はまり込み事請け合いのアルバムだ。
コードワーク…まぁ要するにギター1本での伴奏の妙。
更にギターソロ時でのコード感溢れるアプローチの数々。
(そこでは当然ながらもギターのみになってしまう)
ジョー・パスとはまた一味違うコンテンポラリーなフレージングやコンピング。
イントロ、エンディングやアレンジのアイデア。
円熟味溢れるムード。
心の底から魅了される。
触った事もない楽器の事を偉そうに書くのもなんだが
勿論フィルさんのアルトも気持ちの良い音域でのびのびと歌い上げる。
アルトやギターファンだけのアルバムにしとくのは勿体無い!
是非御一聴を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK