几帳面な人

08-18,2016

奇天烈さんのブログ読んで購入。
と言いつつそれから随分日にちが経っとりますが今日はコレいきます。

20160818134443c9e.jpeg

Pat Martino / Nexus (1990年録音)

Pat Martino (g)
Jim Ridl (p)

マルティーノが自身で録音してた音源をアルバム化したもの。
しかし音は良い。
普通にレコーディングしたものと遜色無いです。
ハイノートからこの様な未発表物が他に2枚出てるがそれらは未聴。
これも当初スルーしてたんじゃが買って正解だった。
情報をありがとうございます奇天烈さん。

収録曲は全8曲。
本人作が3曲、ジム・リドル作が2、
そしてハロルド・メイバーンの"the phone as Trane"
ロリンズの"oleo"コルトレーンの"naima"
マルティーノとピアノのデュオと云えばギル・ゴールドスタインとの作品が2枚あるが
ピアニストが元気な分それらはとは若干雰囲気が違うかな。
(ゴールドスタインは内向的だからあっちはそんな感じでしょう)
パット・マルティーノは基本いつもと同じ。
オレオとかまぁーデュオにも拘らずひっくり返る程の勢いで弾きまくっとりんさる。
でもわし的にはやっぱりスロー系の曲に惹かれるんだな。
バラードをハードボイルドに男臭く弾くマルティーノちゃんが好き。
このアルバムではリドルちゃん作の3やコルトレーンのネイマ、
そして自身のオリジナ"country road"辺り。
惚れ惚れする。
特にカントリーロードちゅー曲。
これが又「メセニーかはたまたキースか!」って感じの穏やかな美メロ曲で参る。
ほんにマルティーノちゃんがこんな曲書くとはちょっと意外と思う筈。
よくぞ出してくれたよ、ハイノートさんは!

そういえば昔のマルティーノちゃんのインタビューで
自身の昔の音源を幾つも持ってるみたいな事言ってたんで
これからもっと色々出てくるかもしれんね。
几帳面な男なんだなきっと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレです。強くオススメします。



いつも読んで下さってありがとうございます!
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK