お願いじゃけん

09-08,2016

渋谷毅&市野元彦&外山明さんによる変則トリオのアルバム。

20160908055059d47.jpeg

Childhood (2015年8月録音)

Shibuya Takeshi (p)
Ichino Motohiko (g)
Sotoyama Akita (ds)

先週リリースされたばかり。
そこからかなりのヘビロテ中。
ジャケ写も市野さん撮影らしいし
曲も市野さん作メインだけど一応渋谷さんのリーダーなのかな。

収録曲は7曲。
先にも書いたがSteve Swallowの"Falling Grace"
Lee Konizの"Subconscious-Lee"以外は全て市野さんオリジナル。
それプラス初回盤には特典として"i'm so lonesome i could cry"
(多分カントリー系のカヴァー)入りのCDRが付く。
このトリオでもうそこそこ活動されているみたいじゃが当然広島にいらっしゃる訳は無い。
しかしわしはyoutubeで数曲だけだけど聴いていた。
よって予想通りで期待通りのサウンド!
思わず自室で一人ニンマリしつつ全裸で阿波踊り。(嘘です)
えぇ〜基本ゆったり目の曲メイン。
フォーリンググレイスだって超ゆったり。(しかしこれがぶち良いのだ!)
普通にピアノ又はギターがテーマをとり
そこからアドリブと云う基本的なフォーマットが多いのだけど
実際はテーマメロもアドリブソロもバッキングも関係ないのだ。
その全てが混ざりあい溶け合ってる様なプレイ。
ドラムもリズムを刻んだりする事はほぼ無く
ピアノとギターが奏でるサウンドに反応し色を添えると云う感じの繊細なプレイ。
変則編成でも難しく考えるようなサウンドでは無いし退屈でも無い。
美しく優しく幻想的で隠れた緊張感も漂う現代的なジャズ。
3人の息遣いが聴こえる様なリアルな録音も素晴らしい。
市野さんのプレイは時にビルフリっぽくも聴こえる。
勿論ギターファンが望むアドリブソロもしっかり堪能出来る。
しかし決して派手さは無いです。
東京ではどうか知らんが広島含め地方ではお客さんもそんなに入らなそう。
でもこう云うのこそ生で聴きたいのだ!
こう云うの生で聴いてグッとなりたいのだ。
だからお願いだから広島来て下さい。
最低わしと連れが聴きに行きますから。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これです。特典が良いのでお早めに、



いつも読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK