ご機嫌なオッサン

09-26,2016

久々にライブ観に(聴きに)行ってきた。
行ったのは本通りにある某ジャズクラブ。
ここに来る事事態超久々。
因みに同じビルにラーメンの一蘭があるのでライブ前これ又超久々に食べた。
非常に旨かったが値段高し。高過ぎる。
味としての満足度は高いがコスパ悪過ぎ。
しかし旨いから困る。

話戻ります。
ライブのメンバーはTony Monaco(org)
小沼ようすけ (g) Gene Jackson (ds)からなるオーソドックスなオルガントリオ。
実は前日のショック(カープのCSチケットが取れなかった)を引きずり
テンション駄々下がりで行ったのだがこれがまぁー楽しいライブだった。
特にオルガンのトニーさん。
このオッサンがまぁ〜始終ご機嫌でノリノリ。
それ見てわしまでご機嫌でノリノリ。
しかしジャズミュージシャンの中でもこれだけ演奏中動き捲る人中々いない。
とにかく落ち着きがない。
地団駄踏むかの様に足をバタつかせ大股広げて片足をグイーンとあげながら仰け反る。
全曲それ。
最終的には自分が放り投げた老眼鏡を自分で踏んで壊してた。
そして顔。
まさに百面相。
目を閉じ大口開けて「あぁぁぁぁああああああー!!!」なエクスタシー的表情。
白眼で「いくぅぅぅぅぅぅぅうううううー」」的恍惚の顔。
瞳孔開いて半口でヨダレを垂らすトリップ状態な顔。
この人案外セックス中もこんなんじゃないか。
わし演奏中このオッサンの顔見ながら完全に笑ってました。
逆にジーン・ジャクソンはほぼ無表情だったな。
しかしそのドラミングは圧巻。
わしは最前列のど真ん中に座ってたんじゃがクソカッコ良かった。
それに結構ビシバシ叩いてたが不思議と全くうるさく感じないのだ。
逆に心地いいくらいだった。
小沼さんはジャジーなプレイよりファンキーでパーカッシブなプレイが際立った。
このトリオでのプレイだけがそうなのかもしれんが
昔よりどんどんシンプルに、ペンタ中心のフレージング。

演奏曲はほぼアルバムから。
そう云えばレオンラッセルの"a song for you"を演ったんじゃが、
オルガンのイントロから、さぁーギターのメロへと小沼さんへ目を移したところで
トニーのオッサン自ら歌い出したのも笑えた。
(お前が歌うんかぁ〜いと心の中で突っ込んだ)
確かもう1曲コルコバードも歌ったな。

201609261322481e9.jpg

完全に元気を貰ったんで当初買うつもりは全く無かったがCDも購入。
サインまで貰った。
トニーのオッサンもジーンジャクソンもいい人柄だった。

20160926132501cd3.jpg

小沼さんの使用ギターはギブソンのES-275。
最近のメインだ。
エフェクターはペダルトレインに乗っけてたが固定してないらしく
ただ雑に置いてただけ。
しかし頻繁に入れ替えるならこう云う使い方もありか。
マジックテープでがっちり固定したら入れ替えるの面倒だからな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新譜これです。



最後まで読んで下さってありがとうございます。
またのお越しをお待ちしてます。

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK